夫婦間腎移植 : 術後6週間

夫婦間腎移植における提供者(ドナー)を経験した術後6週間目の記録です。

退院後、初通院

今週は、退院後初めての通院検査がありました。

IMG_2051
IMG_2052

内容は採血と検尿を行い、その結果を見ながら担当医と面談です。

検査結果に問題はないようで一安心。逆に、少しずつではありますが腎機能が上昇しているとのこと。

残った腎臓ちゃん、頑張ってるようですよ。

退院後、毎日行っていた血圧測定も「思い出したら計ってください」程度に頻度を下げて貰いました。毎朝毎晩の測定と記録が面倒だったので、随分と楽になります。

順調に回復しているため、次回の通院検査は3ヶ月後の5月末になりました。それまでには、走れるぐらいに回復してたいなー。

カリウム値が急上昇

上記の検査とは別なのですが、掛かり付けの内科で血液検査を行った結果、カリウム値が高いと指摘されました。

どうやら、毎朝健康のために食べていたバナナが良くないようです…

バナナはカリウムが豊富に含まれる「健康食品」なのですが、今の自分はカリウムを分解する腎臓が弱いため、体内に多めに留まってしまっているようです。

カリウム値が高いと、最悪の場合は心停止に繋がるため、バナナなどのフルーツを控えるよう指導されました。

傷跡の様子

傷口が小さくなり始めました。

内視鏡のために切った3cmぐらいの傷は半分程度になり、腎臓を取り出すために切った8cmぐらいの傷は6cmほどになりました。

小さい方の傷は、知らない人に見せて「ネコにやられた」と言えば、誤魔化せそうなぐらいに回復しています。

体調

平日に残業して帰ったあとでも、家事をやれるぐらいに体力が回復してきました。

しかし、思ったより基礎体力が落ちていることにも気がつきました。

歩数計で1万歩前後歩いた日は、家に帰るとクタクタになってしまいます。以前は普通に歩けた距離なのに、自分でもビックリするぐらい弱ってるんですね。

お嫁さん

お嫁さんは、ようやくクレアチニンの値が下がってきました!

ところが今度は、サイトメガロウイルスなる「常在菌」が暴れ出したそうで、コイツが治まらないと帰ってこられないそうです。

なかなか上手く行きませんなー。