夫婦間腎移植 : 移植前日

夫婦間腎移植 入院初日

夫婦間腎移植における提供者(ドナー)を経験した手術前日の記録です

10:00

病院に到着。入院手続きを済ませる。

10:20

病室着。

お嫁さんの隣の部屋に割り当てられた。

10:30

身長、体重、体温測定。

12:00

昼食。

以降、術後の様態が安定するまで禁食となる。

13:00

万が一輸血が必要になった場合に備え、血液型バンドを腕に装着する。

段々と手術前っぽい雰囲気になってきた。

13:30

看護師さんにへそを清掃される。

「すごく大きいのが取れました…」と言われ、恥ずかしい思いをする。

14:00

検温など。36.1℃、112/81、61bpm。

14:10

手術前にお腹を空っぽにするため下剤を飲用する。

発泡性の白色水薬を大きめのコップ一杯飲んだ。

多少飲みにくく、半分ぐらいからは頑張って飲む感じ。

14:20

明日の手術を担当する看護師さんから、手術に関する説明を受ける。

アンタッチャブルの柴田さんに似ていた。

14:30

緊急時に輸血を行う場合に必要となるサンプル用の血液採取。

色々なことが未体験だ。

15:00

夕方に点滴用の針を刺すため、早めに入浴。

16:00

下剤の効果が現れ始める。

15~20分間隔で便意。18時前後まで緩やかに継続。

18:00

主治医から明日の手術に関する最終説明を受ける。

血液クロスマッチの変化による不確定要因が数パーセントあるとのこと。

本来なら詳細な検査データを元に判断するそうだが、月曜日が休日で前回のクロスマッチ検査結果詳細が上がってきていないらしい。

リスクはあるが許容範囲内であると考えられること、また問題発生時に対処する手段も複数考えられること、そして今回パスすると、次回は半年後になってしまうことなどを考慮し、手術を行うことを了承した。

21:00

点滴開始。

以降、術後の様態が安定するまで禁水。

21:05

腸内のモノを完全に出し切るために浣腸を行う。

なるべく我慢して下さいと言われたが、一分ぐらいしか我慢できなかった。

21:30

消灯。就寝。