CD『Night Lights』(ジェリー・マリガン)の感想

Night Lights

作曲・編曲家としても有名なバリトン・サックス奏者、ジェリー・マリガン(Gerry Mulligan)の最も有名なアルバム『Night Lights』を聴いたよ。

アルバムタイトルの「Night Lights」が示すとおり、夜の明かりのような落ち着いた雰囲気のアルバム。Amazonのジャズコーナー上位に表示されたので買ってみたけど、ぶっちゃけ自分には合わなかった…こう言う静かなジャズは好みじゃないのかも知れないな。

Wikipediaによると、1980年以降のアルバムはフュージョン色が強いらしい。今度ジェリー・マリガンのアルバムを買うときは、しっかり年代を意識してみようと思います。

参考動画:
YouTube – Gerry Mulligan – Night Lights

iTunes Storeで『Night Lights』を試聴するGerry Mulligan Sextet - Night Lights

CD『Night Lights』の収録曲一覧

  1. Night Lights [1963 Version]
  2. Morning of the Carnival (Manha de Carnaval) [From Black Orpheus]
  3. In the Wee Small Hours of the Morning
  4. Prelude in E minor
  5. Festival Minor
  6. Tell Me When
  7. Night Lights [1965 Version]

1963年9月3日に「Night Lights」、「In the Wee Small Hours of the Morning」、「Festival Minor」の三曲を収録。

1963年10月3日に「Morning of the Carnival」、「Prelude in E minor」、「Tell Me When」の三曲を収録。これら6曲は、ニューヨークのNola Penthouse Studiosで録音されたそうです。

最後の「Night Lights」のみ、1965年10月にロサンゼルスで録音だそうです。

メンバー

  • ジェリー・マリガン(Gerry Mulligan) – Baritone Sax
  • アート・ファーマー(Art Farmer) – Trumpet, Flugelhorn
  • ボブ・ブルックマイヤー(Bob Brookmeyer) – Valve Trombonev-tb
  • ジム・ホール(Jim Hall) – Guitar
  • ビル・クロウ(Bill Crow) – Bass
  • デイヴ・ベイリー(Dave Bailey) – Drums
  • ハル・ムーニー(Hal Mooney) – Director
  • トミー・ノーラ(Tommy Nola) – Engineer

アルバムタイトルにもなっている「Night Lights」では、ジェリー・マリガンはピアノを弾いているそうです。

バリトン・サックスに加え、フリューゲルホルンやバルブトロンボーンは、存在自体が初耳でした。まだまだ知らないことばかりだな。