「意味がわかると怖いコピペ」を解説するよ、その2

怖い話

【2ch】ニュー速クオリティ:意味がわかると怖いコピペ」に載ってた内容を無粋にも解説するよ。誤解があったら指摘してね。

「意味がわかると怖いコピペ」を解説するよ、の目次

「意味がわかると怖いコピペ」の解説シリーズは全6本の記事です。よろしければ他の「怖いコピペ解説」もお読み下さいね。

死体は消えていなかった

61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/02(土) 18:25:53.66 ID:RIIOVWP10
ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた
5年後、些細なけんかで友達を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた
10年後、酔った勢いで孕ませてしまった女を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた
15年後、嫌な上司を殺した、死体は井戸に捨てた次の日見に行くと死体は消えていた
20年後、介護が必要になった母が邪魔なので殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていなかった
次の日も、次の日も死体はそのままだった

母が死体を処理してくれていた。


七つの怖い扉 (新潮文庫)

コメント欄で教えて頂いた情報によると、このコピペは「七つの怖い扉」という短編ホラー集に納められた、阿刀田 高さん作の「迷路」と言う作品が元ネタだそうです。

選りすぐりの「怖い話」が収録されているそうですので、ホラー好きなら原作を読むのも良いかも知れませんね。

玄関から入られた

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/02(土) 18:30:11.65 ID:5e2tTJbD0
今日もまた上司に怒鳴られた。
OL仲間の間でもかなり評判が悪いハゲだ。
「私のストーカーの犯人はあのハゲだったりして…。」そんなことを考えつつ帰宅した。
家といっても、たった二部屋しかないボロアパート。
リビング+キッチンと寝室だけ。
窓もリビングにしかない。安いから良いけど。

玄関の鍵を開けて部屋にはいると、びっくりした。
リビングにあったタンスが荒らされていた。
そういや、朝食を食べに出た時に鍵をかけ忘れて、そのまま出勤したんだ……
くそっ!窓は全部鍵が掛かってるから、
玄関から入られたんだろう。あー気持ち悪い。むかつく。死んで欲しいと思う。
もう今日は疲れた。晩ご飯はいいや。警察には明日届けを出そう…

私は玄関の鍵が閉まってるのを確認し、寝室に向かった。

「玄関の鍵を開けて部屋にはいると」とあるので玄関の鍵は掛かってる。「窓は全部鍵が掛かってる」とあるので窓も鍵が掛かってる。しかし「玄関も窓も鍵が掛かってる」のに部屋を荒らされている
→「中から鍵をかけた」と推察できる
→まだ寝室に犯人がいる。

脱いだ服から落ちたメモ

72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/02(土) 18:30:46.54 ID:RIIOVWP10
昨日久々に姉貴が実家に帰ってきた。脱いだ服から落ちたメモに
1日目右へ
2日目左へ
3日目右目
4日目左目
5日目死ね
6日目ごめんね
7日目死ね

と書いてあった。カレンダーを見て12月20日と気付いたのは3時間後だった。

意味が分かった瞬間、全身に鳥肌が立つのと同時に血の気が引いた

考えても意味のない、いわゆる「ナポリタン」かな?

「姉貴」は妊娠しており、4日目までは「右に動いた」「左に動いた」、「右目が見えた」、「左目が見えた」という胎児の成長記録?

「死ね」、「ごめんね」、「死ね」とあるので最終的には堕ろすことになった?

ドラクエ1の発売日

78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/02(土) 18:37:16.01 ID:CRs53pu60
もう昔の話だが、ガキの頃はいつも親友のAとお喋りしながら学校から帰っていた。

俺「なぁ来週テストだろ?明日一緒に勉強しようぜ」
A「わりぃ、明日はドラクエ1の発売日だから学校サボって買いに行くわw」
俺「お前毎日徹夜でゲームばっかやってて授業中も殆ど寝てるクセに、成績いいよな」
A「・・・俺、実は未来予知能力があってさ。テスト内容分かるからいい点取れるんだ・・・」
俺「はぁ?wそんな能力あるんなら俺にくれよ、競馬当てまくって金稼ぐわー」
A「・・・バカ、冗談だよw」
俺「つまんねー」

次のテストで、Aは満点を取った。今思えばそれは当たり前の事だったのだ。

「ドラクエ1」と言う発言により、ドラクエがシリーズ物と知っている。しかし「ドラクエ1」の発売前にシリーズ化する事は分からない。
→未来を知っている。

ウソをついたらひっぱたく

81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/02(土) 18:40:03.40 ID:5e2tTJbD0
ある時、父さんが家にロボットを連れてきた。
そのロボットは特別で、ウソをついた人の顔をひっぱたくって言う物騒な代物らしい。
そんなある日…。
僕は学校から帰宅するのがかなり遅くなってしまった。
すると父がこう尋ねてきた。
「どうしてこんなに遅くなったんだ?」
僕は答えた。
「今日は学校で補習授業があったんだよ」
すると驚いたことに、ロボットが急に飛び上がり、僕の顔をひっぱたいた。
父は言った。
「いいか、このロボットはウソを感知して、
ウソついた者の顔をひっぱたくのさ。さあ、正直に言いなさい」
そして父がもう一度聞いてきた。
「どうして遅くなったんだ?」
僕は本当のことを言うことにした。
「映画を見に行ってたんだ」
父はさらに聞いてきた。
「なんの映画なんだ?」
「十戒だよ」
これに反応して、ロボットがまた僕の顔をひっぱたいた。
「ごめんなさい…父さん。実を言うと『Sexクイーン』ってのを見てたんだ」
「何て低俗な映画を見てるんだ、恥を知れ!いいか、父さんがお前くらいの頃は、
そんな映画を見たり態度が悪かったことなんて無かったんだぞ」
するとロボットはきつい一発を父に食らわせた。
それを聞いていた母が、キッチンから顔を覗かせるとこう言った。
「さすが親子ね、あなたの子だけあるわ」
母も顔をひっぱたかれた。

主人公は不倫して出来た子供
→ 母も顔をひっぱたかれた
→ 「親子、あなたの子」ではないが嘘

心霊スポット

88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/02(土) 18:47:24.27 ID:5e2tTJbD0
丑三つ時に心霊スポットって一人で行くのは怖いよな、身をもって体験したよ。
ドライブしてるとやっぱり心霊スポットはそれなりの雰囲気がある。
特にトンネル。トンネル怖いよ、暗いし、何か出そうで、呪われそうで。

そんなこんなでドライブ中に自動販売機を見つけた。缶コーヒーを1本買って眠気覚まし!
これに限る!・・・もう一本買っておこう。居眠りで事故を起こしたくない。

トンネル、お墓、自殺の名所、どんどん回ったけど全然何も起こらない。
だんだん怖くなくなってきた。車内にも異常はない、いるのは彼女と俺だけ。
通行人発見!今ランニングの途中なんだろうか、家への帰り道を尋ねる。
さすがここの人、よく知ってらっしゃる、俺は敬意を示した。

途中で車がエンストしたんだ、彼女に押してもらうわけにはいかない。
俺は重い車を押した、長い距離だったけどガソリンスタンドが見えてきた。
ガソリンスタンドで給油したら車が動き始めた、一安心。

1時間ぐらい車を走らせていると大きな看板を見かけた
「え は も う に 1 ナ ゛ ら らりるろ」
子供が書いたんだろうか?無視した。

時計は3時をまわろうとしている、早く家に帰りたい。
自動販売機を見つけ、俺は缶コーヒーをもう1本買った。

複数の矛盾点が見受けられる。
丑三つ時(2時ぐらい)に出発→ドライブが終わっても「時計は3時」
最初に缶コーヒーを「もう一本買っておこう」で、最後にも「缶コーヒーをもう1本買った」→最初の「もう一本」はいつ飲んだ?
「ランニングの途中」→丑三つ時にランニング?
通行人に「家への帰り道」を尋ねる→なぜ通行人が「帰り道」を知ってる?
「ガソリンスタンドが見えてきた」→丑三つ時にガソリンスタンドがやってる?
一人で行く→「彼女と俺」、「彼女に押してもらう」など二人になってる

「え は も う に 1 ナ ゛ ら らりるろ」
→「え」は「おの前」で「お前」、「1 ナ ゛」は1文字にして「げ」、「らりるろ」は「れがない」で「れない」
→「お前はもう逃げられない」

恐らく最初のコーヒーを買ったタイミングでループ突入というネタ。
とは言え、「誰がこれを書いたの?」という突っ込みに耐えられないような。

ロープ位修理して欲しい

91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/02(土) 18:49:58.35 ID:5e2tTJbD0
友人とキャンプに行ったんだ
遊び疲れてブラブラ一人で歩いてると結構長い吊り橋が
下は川で、落ちたらひとたまりも無い様な高さ
スリル感を味わいながら渡ってると、いきなり踏み板が外れ転落!
幸い転落防止用のネットに引っかかり事なきをえた
悲鳴に気付いた友人が急いで助けに来てくれた
俺「死ぬかと思った」
友人「大丈夫だったか?ホント、ロープ位修理して欲しいよな」

友人が殺害を企んでいた
→ 「踏み板が外れ転落」したのに友人は「ロープ位修理して欲しい」と発言
→ 落ちる現場を見ていない友人が落ちた理由を「間違って推測」している

穴の向こうは

92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/02(土) 18:50:52.98 ID:5e2tTJbD0
ある地方の女子大生が東京の大学に進学が決まり、
東京に一人暮らしする事になりました。
とあるマンションで生活を始めているうちに、
ある日部屋に小さな穴があいているのに気づきました。
その穴は隣の部屋に続いていて、何だろうと覗き込みました。

すると、穴の向こうは真っ赤でした。
隣の部屋は赤い壁紙なのかな、と思いつつ次の日も、次の日も
その女子大生は小さな穴をのぞいていました。
いつ見ても赤かったので、隣の部屋が気になった女子大生は

マンションの大家さんに聞いてみることにしました。
「私の隣の部屋にはどういう人が住んでいるんですか?」
すると大家さんは答えました。

「あなたの隣の部屋には病気で目が赤い人が住んでいますよ。」

のぞき穴から見えていた「真っ赤」は隣の部屋の住人の目
→ いつも覗かれていた!

「意味がわかると怖いコピペ」を解説するよ、の目次

「意味がわかると怖いコピペ」の解説シリーズは全6本の記事です。よろしければ他の「怖いコピペ解説」もお読み下さいね。