ドラムライン [DVD]、レビュー

ドラムライン [DVD]

大学のマーチング・バンド部を舞台にした青春映画『ドラムライン』を見たよ。自作サブウーハーが活躍する映画を探しているときに教えてもらった1枚です。

あらすじ。導入→出会い→友情と愛情→アクシデント発生→挫折→友情と愛情→華やかな逆転→終了。ストーリー的に見るところはないので、そう言うのを期待する人にはダメな映画かも。

だけどサウンド的にはとても良い映画。日本の映画だと「スウィングガールズ」が近いけど、あれは楽曲が楽しいだけでサウンド的には普通。

でもドラムラインは小粒、大粒が混じったビートの嵐が四方八方から振ってくるので、見ていて(聴いていて?)とても爽快感がある。「ビートだけでご飯3杯はイケル」系の人間なら、ラストのガチンコドラムバトルは盛り上がれると思うよ。

サウンドに注目してもう少し述べれば、主人公の担当楽器であるスネアのシーンが多いので、キレがあるビートを再生できるサブウーハーがあると嬉しいかも。マーチングバンドの中にいる感覚も楽しいので、リアスピーカーのボリュームも欲しいね。

DVD的には本編だけで8GBぐらい使っててビックリした。音楽映画なのに何で?と思ったけど、スタジアムでパンするシーンが多いから、平均ビットレートを高めに設定しないと行けなかったんだろうな。

評点は100点満点で75点。見る人を選ぶ映画だと思うので、「音楽・青春」系にどう反応するか?自分の属性を確認してから見た方が良いと思います。