ミスト、視聴

闇の展覧会 霧 (ハヤカワ文庫NV)

スティーブン・キング原作、フランク・ダラボン監督作品。「ショーシャンクの空に」、「グリーンマイル」もこのコンビの作品で、両作品とも大好きなオイラは劇場まで足を運んで見てきたよ。

以下、ネタバレを含まない大まかな感想を。

怪物ホラーに見せかけたヒューマンホラー。人間って怖すぎる。「怪物」や「霧」の表現が、もうちょっと上手くできたんじゃないかと思うけど、評価を下げるほど悪くはない。映像表現はとてもお上手。原作を未見のオイラでも、原作の雰囲気を壊さず丁寧に映画化していることが感じられる。

キャッチコピーが「映画史上かつてない、震撼のラスト15分」らしいけど、このキャッチは過小評価。このラストは「かつてない」し、「今後もない」んじゃないかな?

ストーリーの捉え方で評価が変わりそうだけど、おいらは好意的に受け止めた。100点満点で90点は行くんじゃない?ある意味、またとない映画だよ。

残念ながら上映が終わりつつあるので、興味がある人はお早めに。まぁでもDVDが出てから見ても良いと思うけどね。