GROUND ZERO TOKYO 2007

シュートボクシングの両国大会を見終わったよ。試合の感想を書いていくので、未見の人はスキップ推奨。

石川vs村浜。双方頑張ってる感はあるものの、あまりうまく回っておらず。スリップ気味のダウンで判定が決まったので、なんだか煮え切らない感じ。

及川vs阿部。あにぃの変な構えはなんなんだ?メリットが理解できないんだけど、突きのパワーが上がるのかな?試合は及川が強さを見せ付けてくれた。テンカオの使い方が上手だな~。

大野vsマルコ・ピケ。不甲斐ない試合だったのか?ダイジェストにされていて良く分からず。

ファディル・シャバリvs横田。独眼流のシャバリに期待してたけど、判定負け。試合の流れは取ってたけど、投げを防ぎきれなかった。面白い選手だと思うので、ぜひまた出て欲しいね。

ギルバート・アイブルvs桜木 裕司。レベルが違う。ガードの上から殴っただけでダウンを奪っちゃうんだもんな~。試合としてはナンだけど、見世物としては面白かった。

宍戸vsビックベン・ケーサージム。宍戸、やったな!見ていて楽しい試合じゃなかったけど、宍戸が勝つためにはアレしかないもんな。見事作戦を成し遂げたんだし、評価できると思うよ。ただし、次はムエタイルールで殴りあいな?

マッハvsヤニ・ラックス。マッハが強いのか、ヤニ・ラックスが弱いのか。どちらなのかは分からないけど、レベル差を感じる試合だった。もう何戦かSBルールのマッハを見てみたいな。

緒形vsブライアン・ロアニュー。やっちまったな~。1Rは良かったのに、2R防ぎきれなかった。緒方を応援しているだけに残念です。

サワーvsオロゴン。どんな条件下だったとしても、あのサワーからダウンを奪ったオロゴンは賞賛に値する。最強の素人の称号は、まさに彼にこそふさわしい。2R以降は本気になったサワーに押されていたけど、それだってちゃんとガードして反撃していた。オロゴンすごすぎるよ!