HUAWEI P10、普通に良い写真が撮れちゃって嬉しい喜び

最近買ったHUAWEI製のスマホP10。一時的なiPhoneの代用として買ったつもりでしたが、とても気に入って使っております。

なによりもやっぱカメラが良い。普段からスマホカメラでガシガシ撮るタイプなので、キレイに撮れるのは非常に嬉しいわけです。

標準カメラアプリのプロモードを使うと、絞り・シャッタースピード・ISO感度・露出・ホワイトバランスなどをリアルタイムに確認・調整しながら撮れるので、写真の出来にこだわる人でも安心してシャッターを切れます。

横浜に現れたNL-1331 JP。日本仕様の特別バージョンです。
町田のホテル新宿屋の美しすぎる配管。

それから「ポートレートモード」と言って、ボケを擬似的に調整する機能も中々のモノ。iPhoneにも同等の機能はついてるけど、HUAWEIのポートレートモードも捨てたもんじゃないですよ。

ポートレートモードサンプル。町田 YASSカレーの2月限定メニュー「ミソ・インヴェイジョン」

カメラ機能で言うと、音量ダウンキーを2連打するとロック状態からでも1秒足らずでシャッターを切れる「ウルトラスナップショット」機能も便利。構図は適当だし手ぶれしちゃったりもするけど、メモ代りに使うには重宝する機能です。

ウルトラスナップショットのサンプル。

カメラ機能の良し悪しでスマホを選ぶ皆様におかれましては、HUAWEIのミドルクラス以上のスマホも要チェックであることをお伝えして記事を閉めたいと思います。