「Hulu」リニューアルに伴う不具合のお詫びとして1000円相当のチケットを提供

定額制動画配信サービス「Hulu」が2017年5月18日に実施したシステムリニューアルに伴い、動画再生トラブルが発生していることに関連し、現在の対応状況や動画再生に不具合があったユーザーへの対応などが発表されました。

システムリニューアルに伴う不具合のお詫びと対応について – News&Information

動画再生に不具合が有ったユーザーに対しては、「Huluチケット(1ヶ月分/1,007円)」または「Amazonギフト券(1,000円分)」または「iTunesコード(1,000円分)」のチケットが提供されるそうです。

チケットの対象となるのは5月17日(水) 午前0時00分から5月31日(水) 午後11時59分の期間にHulu会員で、視聴に際し不自由を感じたユーザーが対象となるそうです。

7月上旬に申し込みページが開設され、7月下旬までに申し込みを行う必要があるとのこと。該当するユーザーは忘れずに申請しましょう。

発生した不具合に対する対応状況も報告されており、詳細は下記のページで確認できるようです。

主な事象と対応状況はこちらをご確認ください | Huluカスタマーサポート – Hulu Helpcenter

今回の問題は、HDCP導入関連の事前告知が不足している上に、本来対応するべき一部端末で再生アプリが用意されてないなど、該当するユーザーには致命的な問題でした。

しかし問題なく視聴できるユーザーに対しては、システム刷新に伴う検索体験の向上や、リアルタイム配信のモバイル試聴、1080p対応、家族による再生リストの使い分け機能、キッズ対応、再生品質の明示的な指定と通信量の目安が分かるようになるなど、今後を見据えた賢明なリニューアルだったと思います。

一部から強く批判されている状況ではありますが、個人的にはこれからもHuluには頑張って欲しいと言うのが正直な感想であります。