まずはケーブルを疑え

機械周りで有名な格言に「まずはケーブルを疑え」と言うのがある。

もし機械が不調になったら本体故障などの不具合を疑うより前に、まず内外のケーブルを確認せよと言うことだ。

昨日久々にこの格言の意味を思い知らされる出来事があった。

事の発端はiPadが充電できなくなったこと。数日前まで問題なかったのに、突然に充電できなくなった。自分はなにもしていないのになぜ壊れたんだ?

ここで格言に従い、まずはケーブルを疑う。試しに充電用のDockケーブルを取り替えてみたが状況に変化なし。ケーブルではないのか?

iPad側の不調か?と思い、再起動や強制電源断などを試すが変化なし。

試しにiPadをPCに接続すると充電が始まった!と言うことはUSB/ACアダプターが壊れたか?

と言うことで、もう一度USB/ACアダプター周りを調べ直したら…アダプターの電源ケーブルが抜けていた。なにかの拍子にスポッと抜けてしまっていたようだ。

「電源ケーブルが勝手に抜けるはずがない」と思い込んでいたが、なんのことはない。やはりケーブルだったのだ。

Twitter で