映画「スーサイド・スクワッド」鑑賞、予告編を薄めただけの駄作

アメコミ2大出版社の1つ「DCコミックス」の悪役ヴィラン達が、減刑を交換条件に政府からの指令を受け、危険な任務を請け負う映画「スーサイド・スクワッド」を観てきました。

DCコミックスは好きなので期待していたのですが、予告編を薄めただけの駄作でした…

以下、本編のシナリオにも言及する感想です。これから見ようと思ってる人は、以下を読むかどうか良くお考えください。

予告編だけ見ると面白そうなんだけど、本編では予告編を超える驚きや楽しさが全くなかった。ハチャメチャなアクションシーンや、クスッと笑えるブラックジョーク的なのを期待してたんだけど、すべてが予想を下回ってくるつまらなさ。

シナリオのテンポが悪く流れに乗れないし、音楽も印象を残さない薄っぺらいモノばかり。なんでこんな映画作っちゃったんだろう?

ハーレイ・クイン役のマゴット・ロビーが可愛いこと、デッドショット役のウィル・スミスが良い味を出してることは評価が出来るので、役者さんを見るために行くなら良いかも知れない。個人的にはカタナ役の「福原かれん」さんも可愛かったな。

本作が駄作であることは間違いないモノの、キャラクターの重要性やシリーズのポジションを考えると続編も大いに考えられるので、DCコミックスが好きなら見にいっても良いかもね。

映画『スーサイド・スクワッド』オフィシャルサイト