スタバにも対応!ネットで気軽に「コーヒーおごるよ」を実現しちゃうWebサービス『giftee(ギフティ)』

Facebookやツイッター、メールやLINEを利用して、気軽に知人にギフトを贈れるWebサービス『giftee(ギフティ)』。

この度、ギフティさんからスタバのドリンクを一杯贈れる割引コードをプレゼントして頂きましたので、実際に『giftee(ギフティ)』を使ってみた様子と感想をまとめました。

gifteeの贈り方

公式サイトの説明によると、giftee(ギフティ)の贈り方はこんな感じ。

  1. 商品と贈り方を選ぶ
  2. メッセージカードを作る
  3. 決済したら送るだけ!
gifteeの贈り方
画像引用元:https://giftee.co/about

では実際に贈ってみます。

まずは ギフト一覧 のページから贈りたいアイテムを探します。今回はスタバのドリンクを贈ります。
2014-08-17_1712

お相手に表示されるメッセージカードのデザインを選んで、添えるメッセージを入力します。贈り方はFacebookやツイッター経由で送ったり、メールやLINEで送ったりを選べます。
2014-08-17_1716

最後に決済です。決済方法はクレジットカード・auかんたん決済・じぶん銀行の3種。贈る側も受け取る側も手数料などはなく、500円のスタバチケットなら500円で贈れます。手数料は店舗が負担するそうですが、500円のものを500円で贈れるって地味にスゴいよね。
2014-08-17_1717

メールで贈るを選んだ場合は、最後にギフト用のURLが表示されました。このギフト用URLをメールやLINEなどで贈りたい相手に伝えれば「コーヒーおごるよ」が完了です!
2014-08-17_1720

gifteeの受け取り方

気軽に簡単に贈れるのは分かりましたが、受け取り側の手間暇はどんな感じでしょうか?

送り主からプレゼントとして贈られてきたギフト用のURLを開くと、メッセージカードが表示されます。
2014-08-19_1721

「次へ進む」をタップするとバーコード画面が表示されました。この画面をスタバのレジで見せれば、500円分のチケットとして使えるんですね。
2014-08-19_1722

そんなワケでサクッとダークモカフラペチーノのグランデをゲット。550円のドリンクでしたが、差額の50円を支払うことで問題なく注文できました。
DSC06240.JPG

gifteeを使ってみた感想

これは良いね。

誕生日祝いとか、なにか手伝って貰ったお礼とかで「ちょっとお祝いしたい、ちょっと感謝を伝えたい」ってシチュエーションがあるじゃない?その時にギフティを使えば、ネット経由で簡単にコーヒー1杯を奢ったり出来ちゃうワケで、実に気軽で今っぽいサービスだと感じました。

ひとつ難点があるとすれば、贈れるギフトのバリエーションが少ないことかな?都心なら対応している店舗も少なくないようだけど、それ以外の地域だとスタバぐらいしか贈れるものが無いのが残念。もっといろんな飲食店と提携して欲しいね。

とは言え、お気軽ギフトとしてスタバ1杯を贈れるだけでも十分に価値あるサービスだと思いますので、知人・友人に1杯奢りたいシチュエーションに出会ったら『giftee(ギフティ)』を使ってみるのも良いんじゃないかと思いました。

ソーシャルギフトのgiftee(ギフティ) | ソーシャルギフトサービス

Twitterでも最新情報をお届けしています。