X-Pro1用広角レンズ「XF18mmF2R」を持って薬師池公園を撮り歩き

現在商品モニター中の「FUJIFILM X-Pro1」と広角レンズ「XF18mmF2 R」を携えて、薬師池公園を散策してきました。

そんなワケで、X-Pro1で撮影した写真で送る薬師池公園フォトリポートをお届けします。

15622-2877-282901

薬師池公園を撮り歩き

すべての写真はX-Pro1 + XF18mmF2Rで撮っています。エリア選択オートフォーカスで、ISOや絞り・シャッタースピードはカメラに任せ、液晶画面を見ながら露出を調整して撮影しました。

今回の撮影では、フィルムシミュレーション・ブラケット(フィルムBKT)を多用し、プロビア・ベルビア・モノクロの3パターンを撮り試しています。特に記述がなければ、通常モードである「プロビア」の写真です。

すべての写真はクリックすると等倍表示になりますが、ファイルサイズが大きいので気をつけてください。

まずは薬師池の名所「ハス田」の全景から。広角らしい絵ですね。

ハスの花は、7月下旬から8月上旬が見ごろとのこと。まだ少し早かったようです。

薬師池で撮った1枚。露出ブラケットで撮り、あとから最適と思われる1枚をチョイスしました。X-Pro1は多様なブラケット撮影パターンが用意されているので、自分のような「決められないシロウト」にはありがたいです。

草花苑手前の薬医門。これはフィルムBKTで撮った中から、フィルムモード「ベルビア」を選びました。

薬医門を別角度から。この写真は「ベルビア」では暗所が潰れていたので「プロビア」を選択。あとから選べるのは気楽で良いですね。

草花苑にあった置き石。草木が絡むところは、ベルビアの発色が合います。

これもベルビア。尖った竹筒のクッキリ具合がお気に入りです。

そしてまたベルビア。いいなーベルビア、ハマりそう。

讃岐うどん かいと

オマケ。リス園と薬師池を堪能したあとは、近くにある「讃岐うどん かいと」に立ち寄りました。

看板ドーン。

店舗全景ドーン。

意味なくiPhoneをドーン。

豚キムチうどんをドーン。広角だけどボケるなー。

おいしい讃岐うどんを堪能して満足です。ごちそうさまでした♪

まとめ

FUJIFILM フジノンXFレンズ XF18mmF2 R 単焦点 広角 F XF18MMF2 R

今回の薬師池公園撮り歩きでは、広角レンズ「XF18mmF2R」を持って風景撮影を楽しみました。

広角は広い範囲が写って便利な反面、余計なモノを排除するのが難しいですね。テーマを決めてググッと寄らないと、なかなか思ったような写真になりませんでした。

それから、1度の撮影で3種のフィルムモードが適用される「フィルムシミュレーション・ブラケット」が便利でした。気軽に「ベルビアも撮っとくか」が出来るのは、X-Pro1ならではと思いました。

最期に、この日は電池交換なしで400枚近く撮影できたことをお伝えしておきます。X-Pro1の標準撮影枚数は300枚となっていますが、フラッシュなし・液晶での再生少な目なら、400枚もイケルみたいですよ。

15622-2877-282901