インテル製SSD 320シリーズ 120GB購入

Intel SSD 320 Series(Postville-Refresh) 2.5inch MLC 9.5mm 120GB バルクパッケージ SSDSA2CW120G310

インテル製のSSD「320 シリーズ 120GB」(SSDSA2CW120G310)を買いました。NTT-X Storeのセールで、2.5インチHDDケース付きが11,800円でした。

このSSDを組み込んだお嫁さんノートは、動作が速く静かになりましたよ!

SSDとは

今回購入した「SSD」は、Solid-State Drive(ソリッド・ステート・ドライブ)の略称で、パソコン用の記憶装置です。

イメージ的にはハードディスク(HDD)の親戚で、ハードディスクより「速くて軽くて静かで省電力」なのが特徴です。

その代わり、ハードディスクに比べて容量が少ない上に値段も高い!と言うデメリットがあったのですが、技術の進歩で大容量・低価格化が進んでいる感じ。

そんな流れの中、セール品でお手頃価格なSSDを見かけたので、お嫁さん用ノートに組み込むためゲットしてみた次第です。

「320シリーズ 120GB」フォトレビュー

そんなワケで、大きめ写真を使った「320シリーズ 120GB」のフォトレビューをお届けします。

外箱。包装が簡略化された「バルク品」です。
DSC03959.JPG

箱の中身はこんな感じ。
DSC03965.JPG

謎のステッカーが付いていましたが、使い所が分かりません…
DSC03966.JPG

フォトレビューと意気込んでみましたが、バルクのPCパーツは撮るべきカットが少なかったです。

「320シリーズ 120GB」への移行

インテルのSSDを購入すると、データ移行ツール「Data Migration Software」が利用できるので、簡単に環境を移行できる…ハズでした。

ところが今回は、移行中の再起動時にエラーが発生してしまい、Data Migration Softwareによる移行が行えませんでした。どうも実使用量に関わらず、移行元のHDDより移行先のSSD容量が小さいと対応できないようです。

そんなワケでGoogle様にお伺いを立てたところ「Acronis True Image Home」が、1ヶ月の試用期間付きながらも無償で移行ツールが利用できるとのこと。

と言う訳で、ありがたくAcronis True Imageを試用させてもらい、無事に環境移行が行えました。

「320シリーズ 120GB」のベンチマーク結果

CrystalDiskMark」を使って、ディスクのアクセス速度を調べてみました。

まずは比較用にデスクトップPCで使っている「SAMSUNG HD502IJ」のスコアです。
CrystalDiskMark SAMSUNG HD502IJ

そしてこちらが「インテルSSD 320シリーズ 120GB」のスコアです。
CrystalDiskMark Intel 320 120GB

数字を比べてもらえば分かりますが、まさに桁違い!やはりSSDは圧倒的に早いですね。

「320シリーズ 120GB」の感想

速い!フォトショが数秒で立ち上がる!しかも静か!ハードディスクのカリカリ音がしない!

つまりはSSDすげぇ!

と言うわけで、お金に余裕があり、且つ起動ディスクの容量が128GB~256GBぐらいあれば足りるよ!ってヒトは、そろそろ積極的に乗換えを検討するべき時期にあると思います。

俺のデスクトップもSSDに換装しようかな~。