経堂のタイ屋『ソンタナ』、お披露目会に行ってきた

世田谷区経堂の小さなお店。美味しいタイ料理と楽しい会話が楽しめるタイ屋「ソンタナ」のお披露目会に行ってきたよ。

ソンタナう!公式のつぶやきスタイルは、「ソンタナう」に確定したそうです。 #sntn

タイ屋「ソンタナ」は、タイが好きで好きでたまらない2人が、日本にタイを持ち込もうぜ!のノリでオープンしたタイ料理屋さんです。その2人ともが15年来の友人だったりするわけで、この度のお披露目に呼ばれた次第。

ソンタナ看板 ソンタナ内装、センター机とカウンター 物販棚。中々に魅力的な商品が溢れております。 #sntn

知人と言っても、どちらかと言うと悪友の類なので、適当にタダ飯タダ酒を飲み食いしてゲハゲハ言って帰るつもりだったのに、想像を遙かに超える旨いタイ料理を出されてしまった。美味しすぎて悔しい!

ソンタナの生春巻き、冷やし鷄の青ネギソース、ムール貝のレモン風味   。ヤバい普通にウマイ。 #sntn 芝海老のすり身香味揚げ、ピリ辛さつま揚げ、野菜春巻き。これも世辞抜きでウマイわ。 タイ春雨と芝海老のスパイシーサラダ ~ ヤムウンセン。 #sntn

特にトムヤムクンがやばかった。タイ料理と言えばトムヤムクン!ってヒトも多いと思うけど、日本におけるトムヤムクンの常識を引っ繰り返す勢いでうまい。

使ってるエビの種類からして違うし、全てをひっくるめた「完成度」の次元が違う。これを書いてるだけでまた食べたくなってきた。

これぞトムヤムクン。これは店のウリになるレベルでうまい。一人前から頼めるらしいので、少人数でも安心だよ! #sntn

しかも嬉しいことに、ソンタナのトムヤムクンは一人前からオーダー出来るらしい。こう言う「煮物鍋物系」って、お一人様とかカップルはボリューム的な問題で頼みにくかったりするのよね。

でもソンタナならそんな心配も無し。思う存分一人前のトムヤムクンを注文出来る。そんなワケで心置きなく注文しまくって、ソンタナのトムヤムクンのヤバさをもっと知るべきだと思います。

国産豚の炙り焼きの激辛ソース。 #sntn 自家蒸しもち米添え。豚肉と合う。 #sntn 鶏肉とカシューナッツの特製ソース炒め。 #sntn 芝海老とタイ春雨の旨味蒸し焼き。香りがヤバい。香りだけでご飯三杯いける。

あとね。タイ本国では「味の素」系のうまみ調味料を大量に使うらしいのだけれど、ソンタナでは化学調味料は使ってないらしい。

と言うことはガチで「旨み」を引き出さないと料理にならないわけで、分かるヒトならこれだけで「スゲェ」と度肝を抜かれるみたいよ。

空心菜の炙り炒め。コレも好きな人にはたまらない味だなー。 #sntn 〆に小ぶりなタイ式おそば ~ クイッティオナーム。ワンタンがうまい! #sntn デザート バンコクの風を。これもウマイ。こだわりの味らしいので、ぜひうざい方にウンチク聞きつつ食べると良いよ。

材料にも味にも拘りまくってるので、日本国内は当然ながら、タイ本国でもこのレベルのタイ料理を食べるのは難しいと思う。これはガチでオススメだわ~。

そんなタイ屋ソンタナは、7月7日(水)の七夕から本格オープンするそうです。お近くにお立ち寄りの際ならず、遠くからでも押しかけてやって頂けると友人として嬉しく思う次第。ご家族ご友人でお誘い合わせの上、ぜひ経堂まで足を伸ばしてみてください。


最後まで読んでくれた貴方にビッグなお知らせ!いまなら何と!入店時に「ひでとのつぶやき/記事を見てきました」と言うと!中のヒトから生暖かい目で見守られるという特典付きです!忘れずにご注文前にお知らせください!


タイレストラン「タイ屋 ソンタナ」
住所: 〒156-0052 東京都世田谷区経堂1-26-15 2F [Googleマップで見る]
時間: ランチ 11:30~15:00(L.O.:14:00)、 ディナー 17:30~23:00(L.O.:22:00)
定休: 水曜日
電話: 03-5426-2329
Twitter: @s0ntana