おいしいお米を食べてほしくて、高い米を混ぜた食品偽装

日本人はとても素敵だった―忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景 (シリーズ日本人の誇り)

 発表によると、佐藤商店は2008年4月~09年6月、福島県産コシヒカリを約1割混ぜた秋田県産あきたこまちを少なくとも1000キロ販売。09年4月に富山県産コシヒカリを約4割混ぜた福島県産コシヒカリを福島県産100%と表示し1135キロを販売した。
 いずれも表示した米よりも高い米を混ぜており、調べに対し「おいしいお米を食べてもらい、客が増えたらいいなと思った」と動機を話しているという。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/news/20090828-OYT8T00017.htm

「あきたこまち」と偽って、「あきたこまち」より高い「コシヒカリ」を混ぜたブレンド米を販売したそうです。他にも「コシヒカリ」の産地を偽装し、より高級な産地のモノをブレンドして…って、あれ?

偽装には間違いないけど、あまり責めないであげて欲しいなー。そもそもこれ、なんでバレたのかな?