アメリカの「生活必需品」がおもしろい

Pew Research Center: Luxury or Necessity? The Public Makes a U-Turn』で見かけた、アメリカの生活必需品リストが面白い。品目を日本語訳したグラフはこんな感じ。単位はパーセントです。

アメリカの生活必需品リスト

車、固定電話、エアコン、テレビあたりは日本でも同じような結果になりそうだね。

面白いのは66%の人が「衣類乾燥機は必須」と思ってるコト。日本だと5件に1件ぐらいしか持ってないし、とてもじゃないけど「必需品」とは言えないよね。

他に「テレビ≧パソコン≧携帯」とほぼ横並びなのも、日本とは違った感覚かも。日本では「携帯>テレビ>>>パソコン」ぐらいじゃないのかな?

それと「iPod」が4%も獲得してるのが面白いね。「≒音楽」ってことかも知れないけど、「iPodのない生活なんて考えられない!」って人がアメリカ全土で1,200万人いるってコトだものね。まさに「No Music, No Life」ってワケだ。