ニンテンドーDSのバッテリー交換について調べてみた

ニンテンドーDSi ブラック

久々にDSを使ってて気がついたんだけど、どうやらバッテリーがへたりきっている模様。なんど満充電にしても、1時間ちょっと遊んでいると電源が落ちちゃう。バッテリーの赤ランプに気付く間もなくブチッと切れるので、セーブする暇もないのが痛い。これはバッテリーを買い換えないとダメかも?

部品販売のご案内[任天堂公式]」によると、ニンテンドーDS用純正リチウムイオン充電池は1,905円で買えるみたい。残念ながら市販はされておらず、「部品販売係」なるところに直接注文するらしい。でもこれ、送金方法が「代金分の普通為替または定額小為替」しか用意されてないのは不親切だと思う。

普通為替-ゆうちょ銀行」は手数料が420円も掛かるし、「定額小為替-ゆうちょ銀行」も証書1枚につき100円も掛かる。

この定額小為替の「証書1枚につき100円」が特に腹立たしい。定額小為替は「50円、100円、200円、300円、400円、500円、1000円の7種類」しか用意されていない。今回のバッテリー代1,905円を払おうとすると「1000円x1枚、500円x1枚、400円x1枚」と不足5円分の切手を送ることになる。必要な金額は証書1900円+手数料300円+切手5円で2205円。ところが釣りは要らないぜとばかりに「1000円x2枚」を送ると、証書2000円+手数料200円の2200円で済んでしまう。これは仕組みがおかしいだろ。

まぁでも文句言っても仕方がないし、2000円分の定額小為替を買ってくるか…

追記:バッテリー購入、交換、リサイクルまでをまとめた「ニンテンドーDSのバッテリーを交換したよ – Hinemosu」も参考にどうぞ。