10月24日の記事一覧 2ページ目

S95、RAW撮影が面白い

Canon デジタルカメラ Powershot S95 PSS95 1000万画素高感度CCD 光学3.8倍ズーム 広角28mm 3.0型液晶 F2.0

PowerShot S95でRAW撮影した写真を現像するのが楽しいので、一記事上げてご紹介。

RAWってなによ?

RAW画像(ローがぞう)ってのはカメラが撮った「デジタル生データ」のことで、そのままじゃ色が乗ってないというか、まぁ見るためのモンじゃないのね。

で、普通はカメラが自動でRAWを画像データに変換するんだけど、RAWから画像データに変換すると、もうRAWには戻せないの。

ところが画像データに変換しちゃうと、細かな情報が失われたり、色の調整が難しくなったりと、混み行ったところの自由度が失われちゃう問題もあるのです。

そこでカメラオタクな人達は、RAWで撮影したデータを、パソコンの「現像ソフト」で細かく調整しつつ、自分好みに現像して楽しんだりしてるんですね。

言ってみると、昔の銀塩カメラの「フィルム」と「現像」に近い感覚で、一般人は写真屋さんに現像をお願いしてたけど、マニアは自分で現像してたでしょ?アレに近い感覚です。


参考リンク:RAW画像 – Wikipedia

実際どんな感じよ?

まだまだオイラは現像シロウトだけど、現像のイメージはこんな感じ。

S95、RAW現像のサンプル S95、RAW現像のサンプル

被写体はお昼に食べたアサリのパスタ。上が調整前で、下が調整後です。

調整意図としては、すこし明るくして印象アップ。ハイライト高め、シャドウ低めにしてアサリを強調。すこしだけ色合いを調整して質感を出す。最後にシャープネスを少し柔らかめにして完成です。

他の例として水上バスから撮ったスカイツリーも載せておきます。

IMG_0852

これは色合いを濃いめにした上に、シャープネスも強めにかけました。空の青さ、スカイツリーや橋の青さ、うんこビルの黄色さなんかが浮いていて、そこがチョット面白いんじゃない?と言う写真に仕上げました。

こう言う撮影条件の設定はカメラ側でも出来るんだけど、うっかり「ハズレ」てしまうと取り返しが付かないのよね。

そこら辺を後からじっくりパソコンで出来るRAW撮影は、オイラみたいな色調整マニアには向いてるなぁと感じ入った次第です。

町田でデート とか(2009年10月24日の雑記)

町田をブラブラしつつ、お嫁さんとデートしてきた。

ソニー(VAIO) VAIO typeF FW73JGB Office2007 地デジチューナー 64bitOS VGN-FW73JGB

お嫁さんがパソコンを買い換えたいとのことで、ヨドバシでノートパソコンの視察。パッと見でVAIOシリーズが気に入ったらしい。

スペックやら使い方を考えると、VAIO Type Fが良さそうだな。


リトルビッグプラネット PLAYSTATION 3 the Best

ヨドバシ地下に移動して、リトルビックプラネットを購入。

お嫁さんと一緒に楽しめるゲームを探していて知ったんだけど、このゲームは4人までの同時プレイが可能なんだね!


東急にあるJTBに移動して、来月予定していた沖縄旅行をキャンセル。ちょっと残念だけど、返ってきたお金でノートパソコンを買うことにしよう。

反対側の東急に移動してユナイテッドアローズでパンツ購入。毎年ちょっとずつオシャレメンになってるな。

サンマルクのカレードリア

晩ご飯は東急7階のサンマルク。カレードリアを頂いたんだけど、タマゴが生すぎた。乗せるタイミングが遅すぎだろ…

お嫁さんが頼んだ和風ハンバーグも、カツオ節が山盛り過ぎて萎え。気持ち乗せるのは良いけど、ハンバーグの上に山盛り状態のカツオ節はちょっとな…

結局のトコロ、調理した人間に料理のセンスがないんだな。たぶんレシピ的には良い線行ってる料理なんだろうけど、作るヤツがダメでダメご飯化してるよ。

FinePix F100fd/F50fdの充電器がリコール

FUJIFILM デジタルカメラ FinePix (ファインピックス) F100fd ブラック FX-F100FDB

FinePix F100fd/F50fd用充電器「BC-50」の一部ロットでプラグ部分が脱落する恐れがあるみたい。心当たりのある人は、参考リンクに上げたリンク先を確認してください。我が家の充電器もロット番号チェックしないとな。

参考リンク:デジタルカメラ用バッテリーチャージャーBC-50(充電器)の無償交換のお知らせとお詫び (FinePix F100fd/F50fdの付属品およびBC-50単体でご購入いただいたもの)

Xbox360 バリューパックを予約した

Xbox 360 バリューパック(60GB:HDMI端子搭載、「エースコンバット6 解放への戦火」&「ビューティフル塊魂」同梱)【期間限定生産】

軽やかに予約した上に、WordPressにxboxのタグを追加しておいた。liveの使用権も買っておいたほうが良いのかな?

段ボールに捨て猫?

のらねこ。 -ちいさな命の物語-

朝の通勤時、バイクでいつもの道を走っていると、橋のたもとに置いてある段ボール箱が目に入ったのね。運転中だし良く見れなかったんだけど、箱のフタが開いていて何かメッセージが貼り付けてあるの。

何の気なしに通り過ぎ、しばらくしてから「あれって捨て猫じゃね?」と気が付いちゃったわけ。テレビとかマンガで見る「子猫を拾ってください」のシチュエーションが、まんま再現されてるわけですよ。

そんな事に気が付いたものの、サラリーマンプレイ中だから会社に行かなきゃいけない。人通りの多い道だから、俺が拾わなくても誰か拾ってくれるよ、と自分に言い訳しながら軽やかにスルーしちゃたの。

仕事終わって帰り道。学生の多い道路だし、誰か保護してくれてるよな~と期待しては見るものの、やっぱりチョッと気になる。もしまだ残ってたら我が家に拉致ることも考えつつ、ドキドキしながら橋に辿りつくと、ダンボール箱は今朝のまま残されてる…

誰も拾ってくれなかったのかな~?子猫だったらミュウミュウ聞こえると思うんだけど、何にも聞こえないよ?弱って死んじゃったりしてないかな~?などと心配しつつ、段ボール箱に近づいて、箱に貼り付けられたメッセージを読むと…

「ここはゴミ捨て場ではありません。このダンボールは不法投棄です」

良かった、捨てられた子猫はいなかったんだ!なんて事を思うはずも無く、紛らわしい事をする奴らに毒を吐きながら、自分のバイクで走り出す15の夜。妄想しすぎて損した!

今日の人気記事