「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」読了

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

映画「ブレードランナー」の原作として有名な「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を読み終わった。

ガチでコテコテのSFを想像してたけど、SFの衣を被った作者なりの哲学書と言っても良いかも。あらすじとしては「人間と見分けの付かない逃亡アンドロイドを、賞金稼ぎのディックが見つけ出して退治する」なんだけど、これじゃ本の内容を全く表せていない。

「人間らしいアンドロイド」と「非人間的な人間」をどこで区別するんだろう?そもそも人間の定義ってなんだ?空想好きが抱くそんな疑問を、SF小説と言う道具を使って表現している作品だと思います。SF好きなら読んでおくべきなんだろうね。

ただまぁ古典的SF作品なので、最近の各種SFを知りまくってる現代っ子には薦められないし、SFに興味のない人にも薦められません。