小説「クリーピー」読了、映画版は駄作と思ったが原作を読んで考えが変わった

クリーピー (光文社文庫)

先日映画館で「クリーピー 偽りの隣人」を見てきたんですが、見事に駄作でした。( → 映画「クリーピー 偽りの隣人」、香川照之の怪演は見事だがストーリーはお粗末 | Hinemosu )

映画では何カ所か不条理と思われる個所があったのですが、原作でどう表現されているのか気になったのでkindle版を購入。読み終わると映画版の評価が一変しました!

こんなダメな原作を、曲がりなりにもドキドキするサスペンスに仕立てた映画版はよく頑張ってる!

たしかに原作は1本筋を通しているけど、その筋にしたって弱いし、その他にも突っ込み所が満載。比べると不条理だろうが盛り上がりどころをブッ込み、一時的にでも観客を惹きつけた映画版は素晴らしい。

結論としては原作も映画も駄作なんですが、「映画版が原作を超えている」という点では記憶に残る作品となりました。

TwitterやRSSでも最新情報をお届けしています。フォローよろしくお願いします。

follow us in feedly