白猫のナナ、失明す

ここ2ヶ月ほどガンと闘ってきた愛猫のナナさん。ついに失明してしまいました。

鼻腔の中にある「腺がん」が周囲を圧迫し、視神経に悪影響を与えているようです。

DSC01846

1週間ほど前から見えなかったようですが、しばらくは普通に家の中を歩いてました。どうやら記憶を頼りに歩いていて、ぶつかりそうな時はヒゲで障害物を察知しているようです。

でもそれも最初の数日。少しずつ足腰が弱り、いまは自力でトイレにも行けなくなりました。脳にも影響が及び痙攣の発作も出始めました。

いよいよ持って厳しい状況ですが、これまでと変わらず優しく見守って上げたいと思います。