Hinemosu

Amazon Kindleがやってきた

ついに日本にもAmazon Kindle(アマゾン・キンドル)がやってきた。

Kindleは、米国Amazonが提供する電子書籍関連サービスのこと。ブックストアもKindleだし、本を読むための機械もKindle、本を読むためのアプリもKindleなので分かりにくいね。

さっそくKindleを体験してみようと言うことで、まずはiPadアプリの「Kindle」をダウンロード。

で、2冊ほどマンガを買ってみた。

1冊はずいぶんと安かったテルマエ・ロマエ。

もう1冊は、7部が完結したジョジョ。

本を買うのは、Amazon.co.jpで該当書籍のページを開き「1-clickで今すぐ買う」のボタンを押すだけだった。

これだけで、いつの間にかiPadのKindle内にマンガが置かれてる。簡単すぎて怖いぐらいだ。

マンガを読むのも至極快適。アプリを開いて、書籍を選んで、ペラペラとページめくり。

iPadを横持ちすればキレイに見開き表示になるし、細かなルビも問題なく読める。試しにiPhoneで開いたら、当たり前のように読んでいるページが同期されている。

2冊のマンガを読んでいる間、ストレスを感じることは1度もなかった。できて当たり前のことばかりだけど、ココまで出来ちゃってるとは思ってなかった。

で、あまりにkindleシステムの完成度が高すぎて、あやうくPaperWhite 3Gをポチるところだった。

でもPaperWhiteはメモリ容量が少ないし、階調表現も貧弱らしいし、見開き表示も出来ないらしいし、マンガを読むには力不足だよね、と考えて思いとどまった。

思いとどまったが。

Kindleストアの人気書籍ランキングを見ていたら、20位に「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」が入っていた。

出がけにカバンにPaperWhite 3Gを突っ込んで、古き良きSFに浸るのも良いな…お出かけするお嫁さんに持たせれば、良い暇つぶしとして使ってもらえそうだな…

なにより「いま話題のガジェット」だし、オレ的には買わないと駄目なんじゃないのかな?

などなど、いろいろ考えつつギリギリ購入を踏みとどまっている状況。でもやっぱ買っちゃうかな~。

そんな感じで!

Exit mobile version