テストの起源 Genesis of the Test

電源コード、インターコネクト、スピーカーケーブル、シャクティストーンズ、Shun Mooks、Esotericのサポート器具、およびBediniのUltraclarifier…オーディオとビデオの品質が変わると主張するこれらは、科学、再現性、試験を用いた説明を信じる人にはオカルトグッズです。
Power cords, interconnects, speaker cables, Shakti Stones, Shun Mooks, esoteric equipment supports, and the Bedini Ultraclarifier: all are bugaboos to those who believe that there must be a scientific, reproducible, and test-proof explanation for anything that claims to alter the quality of audio and video.

2002年3月、評論家がBedini Dual Beam Ultra clarifier for Secretsに好意的なレビューを行うとオーディオフォーラムで毛皮が飛び始めました。 レビューに提供された唯一の技術的な説明は、Gary Bediniから受け取った継ぎ接ぎのe-mailで、それは明らかに不十分でした。私は当時短所をよく意識していましたが、Garyが私を提供したのが、それがそのすべてであったので、それを受けました。私に関する限り、非の打ち所がない技術的説明は不要でした。「聞けば分かる」のです。
The fur began to fly in audio forums when this critic favorably reviewed the Bedini Dual Beam Ultraclarifier for Secrets in March of 2002. The only technical explanation provided in the review, pieced together from e-mails received from Gary Bedini, was patently inadequate. I was well aware of its shortcomings at the time, but included it because it was all that Gary had offered me. As far as I was concerned, a bulletproof technical explanation was not absolutely necessary. The proof was in the hearing.

私のレビューは多くのオーディオマニア評論家がBediniユニットを与えた積極的な「たわごと」の1つに過ぎませんでしたが、私の仕事は科学的証拠なしで提供された「主観論」レビューを切り捨てる人のターゲットになりました。人々は質問するために私の聴力、誠実さ、真実性をレビューから徹底的に洗い出しました。
Although my review constituted only one of the many positive raves audiophile reviewers gave the Bedini unit, my work became a target for those who dismiss “subjectivist” reviews offered without scientific proof. People seemed to comb the review for opportunities to question my hearing, integrity, and credibility.

2004年7月、私の2500ドルのNordost Valhalla電源ケーブルのレビューの1カ月以内に、私が行ったWireworldの最高級のスピーカーケーブルとインターコネクトのシークレットレビューは続きました。すぐにシークレットフォーラムは活気に満ちました。Bediniが毛皮を飛ばせたなら、私の1-2ケーブルパンチは実際には野獣の頭皮をはぎました。
In July of 2004, my Secrets review of Wireworld top-of-the-line speaker cable and interconnects was followed within a month by my review of the $2500 Nordost Valhalla power cords. The Secrets forum was soon abuzz. If the Bedini caused fur to fly, my one-two cable punch virtually scalped the beast.

これまでも高価なケーブルの必要性に対するあらゆる議論があったので、議論は即座に表面化するように思えました。対話が展開して悪化するなかで、「客観主義者」観点を保持する人が「主観論者」と「オーディオマニア」を同じキャンプにひとまとめにしたのは明確になりました。 また多くのオーディオマニアが技術者であり、技術者がオーディオマニア製品を設計するのはだいたい無視されました。オーディオマニア会社と技術者によって発行された「白書」さえ、偽の科学として棄却されました。プロの音楽家、音楽愛好者、および自分などのオーディオマニアならケーブルの違いを聞き分けられるかもしれないという主張も妄想的であるとして却下されました。
Virtually every argument against the need for high-priced cables has ever been raised seemed to surface in short order. As dialogue developed and deteriorated, it became clear that those holding an “objectivist” viewpoint had lumped “subjectivists” and “audiophiles” into the same camp. That many audiophiles are also engineers, and that engineers design audiophile products was for the most part ignored. Even “white papers” published by audiophile companies and engineers were dismissed as bogus science. The very notion that a professional musician, music lover, and audiophile such as myself could hear differences between cables was summarily dismissed as delusional.

客観主義観点の主張を短くまとめると、以下のようになるでしょう。「高価なケーブルはニセ科学に基づいており、価格、見た目、ステータスシンボルなどに影響されやすい消費者のためにデザインされており、違いが存在しないのに違いがあるように聞こえるのです。ブラインドテストで違いが判別できのが違いがないと言う証明です。」
If one were to attempt to summarize the objectivist argument in the proverbial 100 words or less, it might read as follows: “High-priced cables are based on voodoo science, designed for gullible consumers who are so swayed by their cost, looks, and status symbol appeal that they delude themselves into believing they hear differences when such differences do not exist. The proof that the differences do not exist is that they are neither measurable nor provable in blind testing.”

Manny LaCarrubbaが、テストに続く日々への道を決定づけました。「公式発言。高級ケーブルの違いを聞き分けられるというのを、私は決して信じてはいませんでした」。「客観主義者」を表すためにこれらの言説を使用します。
Manny LaCarrubba, who in the days following the test acknowledged that, “For the record, I never believed that I could hear a difference between any kind of competently made cable,” uses these words to put forth the objectivist position:

「人間の知覚と現実の間には、しばしば違いがあります。ガリレオは太陽系の中の地球の場所の現実を主張して迫害されました。(私は、このレポートのためにAudiophiledomの祭壇で礼拝する人の復讐に苦しむと疑います。) ガリレオに続く科学者たちにより、私たちに見せられた世界は、私たちが感じる世界とは大きく異なっていました。
“There is often a difference between human perception and reality. Galileo was famously persecuted for reporting the reality of the earth’s place in the solar system. (I suspect that I will suffer the wrath of those who worship at the altar of Audiophiledom for this report.) Since Galileo, a long parade of scientists has shown us a world that is much different in reality than our perceptions suggest to us.

「それは「意見」を知覚に関連づける人間性です。 誰かが「私はかれこれ違いを聞きます」と言うとき、それは意見です。
‘It is human nature to have an opinion based on such perceptions. When someone says, ‘I hear a difference between this and that,’ it is an opinion.

「残念ながら、これらの「意見」はよく見かけられ、事実より近いものと思われがちです。しかし科学を数値で行われます。「あなたは数値を得られましたか?」「あなたは意見だけを得ました。」
Unfortunately, these types of opinions are often stated and assumed to be something closer to fact. Science is done with numbers. ‘You got no numbers? You got nothing but opinion.’

「それじゃ「私は違いを聞きわけられる」と言う人は嘘つきだっていうんですか?とんでもない!それじゃ「とても多くの人々が同じことを言う」という事実は、信頼しても良いってことじゃないんですか?いいえ! 全世界は、ひところ地球が宇宙の中心であると信じていました。それらの大部分は、ガリレオとコペルニクスの仕事を知っても、地球がすべての中心であったと信じながら死にました。ここがポイントです。私たちは知覚があるから、それが自然なんです。しかし!!どうか良き人々よ、それらを現実と間違えないでください。
“Does that make the person who says ‘I hear a difference’ a liar? Of course not! Does the fact that so many people say the same thing give the statement more credence? No! The whole world believed the earth to be the center of the universe at one time. I’m sure most of those who were current with, and knew of the work of Galileo and Copernicus, died still believing the earth was the center of everything. The point here is that it natural for us to have these perceptions, BUT, please good people, do not confuse them with reality.

「さて、なぜ私たちの感覚は間違っているのでしょう?特に私たちがオーディオに関して話しているとき、この大部分は簡単に思えることがそうでないという事実と関係があります。単一のオーディオ装置を聞くのは簡単で、それがどう鳴るかに関する意見を表明するのは妥当に思えます。しかし残念ながら、私たち人間の知覚情報は複雑で、さらにこれまでの知識と経験を結合するために、結果として起こる知覚は不正確であるかもしれません。 何かがどのように鳴るかを本当に知りたいと思うなら、私たちは自分達の知識と経験、それに視覚的な情報を分離し、耳だけを強制的に使用させれば良いのです。これが私たちがブラインドテストを行う理由です。私たちの目は私たちの音感に強い影響を与えます。信じられませんか?でも、真実なのです。
“Now, why is it that our senses fail us so? A big part of this, especially when we’re talking about audio, has to do with the fact that what seems straightforward and reasonable is not. It seems straightforward and reasonable to listen to a piece of audio equipment and then develop an opinion on how it sounds. Unfortunately, due to the complex way that we humans take in sensory information and then combine it with prior knowledge and experience, the resulting perception may be incorrect. If we really want to know how something sounds, we must separate out prior knowledge and visual cues and force ourselves to only use our ears. This is why we do the test blind. Our eyes play a HUGE role in our perceptions of audio quality. Counter intuitive? Yes, but true.

さて、高価な電源ケーブルを買うことには、もっともな理由があります。 それらはクールに見えます。 「より良く見えれば見えるほど、より良く聞こえる」です。 (これは目利きを比較する研究におけるケースで、同じ設備を使用するブラインド・テストを示します。) それらを買う別の理由は、彼らが色々な事に費用を掛けられるということです。それらはステータスシンボルです。ステータスは私たちの良い文化です。もうひとつの理由は恐怖です。 「最も良い音」を得るために最善の努力をしないことへの恐怖。もちろん、明瞭な古い信念もあります。あなたが、それらがあなたのステレオをより良く聞こえさせると信じているなら、良く聞こえます!それらによって気分が良くなり、あなたが音楽を聴くときに更にリラックスさせ、あなたが音楽の楽しみの追求であらゆる手段を尽くしたのを思い出せばあなたに安らぎを与えます。つまり、ぜひやってください!!
“Now there are perfectly good reasons to buy expensive power cords. For one they look cool. ‘The better it looks, the better it sounds.’ (This has been shown to be the case in studies that compare sighted to blind tests using identical equipment.) Another reason to buy them is that they cost a lot. They are status symbols. Status is good in our culture. Fear is another reason. Fear of not doing everything you can to get ‘the best sound.’ Of course there is plain old faith. If you believe that they make your stereo system sound better, then they do! If having them makes you feel better, makes you more relaxed when you listen to music, gives you comfort in knowing that you have left no stone unturned in your pursuit of musical enjoyment, by all means, go for it!”

今日の人気記事