はじめに Introduction

はじめに Introduction

2004年11月13日、「Secrets of Home Theater High Fidelity」のチームは、電源ケーブルのブラインドテストを行うためにBay Area Audiophile Society (BAAS)に集まりました。テストの目的は、小さなボランティアグルーブが、一般的な電源コードとNordost社のValhalla電源コードの音の違いを統計的に区別できるかどうか検証するためでした。
On November 13, 2004, Secrets of Home Theater and High Fidelity teamed up with the Bay Area Audiophile Society (BAAS) to conduct a blind AC power cord test. The purpose of the test was to determine if a small group of volunteers could make a statistically significant differentiation of sonic differences between an assortment of generic power cords and Nordost Valhalla power cords.

テストはオークランド(カリフォルニア)のCasa Bellecci-Serinusの居間で行われました。部屋は高さ2.8m、奥行き7.8mで、前方の広さは1メートル、後方の広さは0.5メートルです。ケーブル切替え要員として2人を用意し、スピーカーを除く全ての装置が、スピーカーのあいだに作られた目隠しの後に隠されました。
The test was conducted in the living room of Casa Bellecci-Serinus in Oakland, California. The room offers 9’2” ceilings, a depth of 25’6”, a front width of 37’, and a rear width of 21’6”. The two people acting as cable switchers, and all equipment save the speakers, were hidden behind a felt barrier that was erected between the speakers.

テストはNordost社のJoe Reynoldsの寛大さなしで不可能だったでしょう。彼はNordost社の全ての電源ケーブルを提供してくれました。Parasound社のChristine Zmudaは、ブラインドテストの行っている期間、センセーショナルなParasound Halo JC 1 monoblocksを提供してくれました。Sonic IntegrityのQuanは、Parasoundsを動作させるのに必要なExactPower Power Regulatorを長期に渡って貸し出してくれました。そしてTheta DigitalのJohn Baloffは、彼らの優れたCarmen IIトランスポーターを貸し出してくれました。Theta Gen、VIII DACプリアンプ、Talon Khorus X Mk.IIスピーカー、そしてNordost社のValhallaインターコネクトとスピーカーケーブルにより、最先端のCDサウンドを供給する構成となりました。
The test would not have been possible without the generosity of Joe Reynolds of Nordost, who supplied all the Valhalla power cords; Christine Zmuda of Parasound, who enabled us to keep the sensational Parasound Halo JC 1 monoblocks through the blind test period; Quan of Sonic Integrity, whose long-term loan of the ExactPower Power Regulator made it possible to adequately power the Parasounds; and John Baloff of Theta Digital, who loaned us their superior Carmen II transport. Mated with the Theta Gen. VIII DAC/preamp, Talon Khorus X Mk. II speakers, and Nordost Valhalla interconnects and speaker cable, this configuration supplied state-of-the-art CD sound.

同様にBAASメンバーのManny LaCarrubbaにも謝意を述べます。彼の特許はBang&OlufsenのBeolab5スピーカに組み入れられています。Mannyはテスト要項をまとめ、セットアップを行い、テストシートと予後の質問表を作成し、そして全体のテスト中も非常に落ち着いていました。要するに、彼の莫大な努力と献身的な協力がなければ、このテストは不可能だったでしょう。
Equal gratitude goes to BAAS member Manny LaCarrubba, whose patented speaker technology has been incorporated into Bang & Olufsen’s Beolab 5 loudspeaker. Manny designed the test protocol, executed the set-up, created test sheets and a follow-up questionnaire, and remained remarkably composed throughout the entire proceedings. In short, the test would not have been possible without a huge amount of effort and dedication on his part.

ここに緑色のカーテンに隠された機材の前で関係者に実験を紹介するマニー、1回目のテスト要員、およびカーテンの裏の機材の写真があります。
Here are photos of Manny introducing the experiment to participants in front of the green curtain, the first set of participants, and the setup behind the curtain.

Mannyによる事前説明 テスト要員 カーテンの裏

ここでマニー自身が述べた説明を記します:
Here is how Manny describes himself:

「私は大学を卒業してからの20年間、プロフェッショナルオーディオに係わる仕事をしていました。私はニューヨーク州立大学フレドニア校のトーンマイスター研究(音楽と録音)で理学士号を取っています。私はノイズと振動をコントロールすることにした特化した半導体産業の会社で、レコーディングエンジニア、チーフエンジニア、スタッフエンジニアとして働いています。
“I’ve worked in one aspect or another of professional audio for all of the 20 years since I graduated college. I have a BS in Tonmeister Studies – a music and recording degree – from the State University of New York at Fredonia.

「そして私自身の会社は、レコーディングスタジオとハイエンドホームシアターを設計しています。そうこうしているうちに、私はスピーカーデザインに関心を持ち、15年にわたってスピーカーの設計もしています。私はいくつかの特許を持っており、ホーンスピーカー(loudspeakers)から一様な高周波の分布をデバイスに与える特許は、デンマークのハイファイオーディオメーカーのBang & Olufsen社の製品に採用されています。
“I’ve worked as a recording engineer, Chief Engineer, as a staff engineer at a firm that specializes in noise and vibration control for the semiconductor industry, and for my own company designing recording studios and high end home theaters. Along the way I picked up a keen interest in loudspeaker design and have been designing speakers for over 15 years. I have several patents related to a device that provides for the uniform distribution of high frequencies from loudspeakers and is embodied in commercial products from the Danish hi-fi company Bang & Olufsen.

「幸運なことに私は十分な紳士たちとの付き合いがあり、彼らはAV装置の映像と音声に係わる公平な性能測定を行う分野で絶対的なリーダーです。私は毎年AESコンベンションのこれらの分野のsessions relatedな書類にトライしており、少なく合理的に見積もっても十分な技術水準にあると思います。
“I have been fortunate enough to work with gentlemen who are absolute leaders in the field of correlating objective measured performance of audio and video devices with perceived sound and visual quality. I try to make it to the papers sessions related to these fields annually at AES conventions and am at least reasonably familiar with the state of the art.

「私のビジネスパートナーであるDavid Moultonは、二重盲検のリスニングテストを専門的に行い(とりわけデジタル・オーディオの様々なデータ損失スキーム)、音の効果について説明する様々な研究を行うと必ず探求することになる心理音響効果(音の品質の認知の研究)の世界に辿りつきました。
“My business partner David Moulton has conducted double blind listening tests professionally (most notably for the audibility of various data reduction schemes for digital audio), and our research to explain the sonic effects of our speaker technology has us routinely delving into the world of psychoacoustics (the study of the perception of sound quality).

「最後に私は博士号を取ろうとしており、それは教育における標準検査の分析のためのソフトウェア上の精神鑑定(心理学的なパラメタの研究、ほとんど知性テスト)です(そのため、あなたが思うより多くのテストオーディオ知覚が出来るかもしれません)。それで、心理音響効果のその道の大家であると主張しませんが、私は平均的なクマよりこのものに関して知っていると思います。
“Lastly, I am currently working with a man holding a PhD. in psychometrics (the study of psychological parameters, mostly intelligence testing) on software for the analysis of standardized tests in education (which has more to do with testing audio perceptions than you might think). So, while I do not claim to be an expert in the field of psychoacoustics, I feel that I really do know more about this stuff than the average bear.”

テストプロトコルについて議論する前に、私たちがなぜ第一にテストを行ったかの説明が必要でしょう。
Before discussing the test protocol, it is essential to explain why we conducted the test in the first place.

今日の人気記事