沖縄の記事一覧 3ページ目

沖縄の思い出(三日目)

今日も早起き。レイトチェックアウトで午後5時までにチェックアウトすれば良いので、かなりのんびりした感じ。

お散歩

今日は天気が良いので、また海岸線をお散歩。およめさんは綺麗な貝殻を一生懸命集めてました。

移動しますよー

ブセナテラスはとても良いホテルだったのですが、如何せん空港からちょっと遠いのです。帰りの楽さを考えて最終泊は那覇市内のホテルロワジール沖縄と言うところにしておきました。土曜の昼間なので、渋滞を考えて高速道路で那覇に移動します。ここでもお嫁さんが運転を買って出ます。有無を言わさぬ勢いです。

那覇到着

さすがに高速は空いていて1時間ほどで那覇市内に到着。時間もあったので市内観光でもと思ったのですが、お嫁さんの体調がイマイチのようなので、先にホテルにチェックイン。アーリーチェックインなので2時には部屋に入れるのです。

ホテルロワジール沖縄

最悪です。前日が豪華な部屋だったから比べちゃうというのもあるけど、それにしても不満点が多い。ホテルの駐車場が有料。ドアボーイは荷物運びを手伝わない。室内金庫が有料。大浴場も有料。朝食会場が結婚式用のホール。空港に近い以外のメリットは感じられませんでした

どらいびーんぐ

お嫁さんは通院なので、一人で福州園を見に行く事に。 Navi に適度に騙されて迷うこと数十分。ようやくついたと思ったら、駐車場が満杯で入れません。まぁいいやとサクっと諦めて適当にドライブすることにしました。適当に走ってたら58号線と言うのに乗ったのでそのまま北上。時間が悪かったみたいで、結構渋滞してましたが Saturn ちゃんでのドライブを満喫してきました。

晩御飯

晩御飯は サムズアンカーイン という国際通り沿いの有名なステーキやさんへ。前に来た時は大混雑で入れなかったんだけど、今回はガラガラでした。このお店は客の前でシェフがパフォーマンスをしながら調理してくれるんだけど、今回のシェフはすごかった。

最初はコショウ缶をクルクルっとまわしたと思ったら、スポッと抜けてお嫁さんに激突!軽くぶつかっただけで怪我は無かったけど、この時点でちょっと引いてしまう。めげずにパフォーマンスを見せてくれてたんだけど、またまた失敗して今度は隣のお客さんの方にすっぽ抜け。テーブルにおいてあったコショウのビンにぶつかって、中のコショウが飛び出してました。

さすがに「もうやらないほうが良いですね…」とパフォーマンス無しで普通に調理してました。新入りさんなのか調子が悪かったのか分からないけど、うちらじゃなかったらもうブチ切れですよ状態だね。ステーキ自体は美味しくて大満足でした。

よっぱらー

ステーキ屋でトロピカルカクテルを飲んだせいで、かなりのよっぱらー。ホテルに帰ってすぐにバタンキューですよ。

沖縄の思い出(二日目)

広々とした部屋で猫に邪魔されずにグッスリ眠っちゃいました。外は曇り気味ですが、日焼けしないのでこれぐらいがベストかな?

お散歩

プライベートビーチ沿いを二人でお散歩。風は強いけど暖かくて快適です。

朝食

ホテル内の和食レストランにて。ベーシックなメニューでしたが、非常においしゅうございました。

シュノーケリング

お嫁さんがやってみたいということで、ホテル内にあるアクティビティカウンターと言うところで申し込み。ホテルのボートで少しだけ沖に出て、絶対に沈まないらしい救命具のようなものとシュノーケル、ゴーグルを付けて海に入ります。

さすがの沖縄でも海水は冷たく、足を入れたときは「冷たいっ!」って感じでしたが、ウェットスーツのおかげですぐに慣れてきます。インストラクターさんの説明どおりにシュノーケルを口にくわえ、頭を水につけるとゴーグル越しに海の中が見えてきます。

海底までは10m以上あるようですが、透き通った海水のおかげで深いところにいる魚でさえ、形や色が判別できました。
しばらくそのまま海底を眺めていると、インストラクターさんが魚肉ソーセージを渡してくれました。魚にあげる餌のようです。心の中で「共食いかよ…」と思いつつ、ソーセージを少しだけ取り、細かく砕いて水の中に散らばすと、すぐに魚たちが寄ってきました。

色や形の違う数十匹の熱帯魚がうちらの周りで餌の奪い合いを始めます。目の前で泳ぐ魚達はホントに綺麗で見ているだけで飽きません。餌を上げながら移動するとちゃんと後をついてきて、すっごい可愛らしいです。

たまにインストラクターさんが海底からナマコやヒトデを取ってきて、うちらにも触らせてくれます。真っ黒なナマコや、オレンジ色のヒトデなど魚じゃなくても熱帯を感じさせてくれます。あっという間に時間になり、大満足で陸に戻りました。

1時間ちょっとで4000円だったので、あの体験を考えると安いものだと思います。沖縄に行ったら、ぜひチャレンジして見て!

まったり

浮いてるだけとは言え、少し疲れていたので部屋でゆっくり。ベッドに横になっていたら、いつのまにか眠ってしまいました。

晩御飯

ホテルのレストランはどこも高いので、車を走らせてステーキを食べに行く事にします。ガイドブックを見て Jam という店を発見。運転はお嫁さんが買って出ます。saturn ちゃんで海沿いのワインディングロードを疾走したいらしいです。残念ながら思ったより道が込んでいたので疾走は出来ませんでしたが、無事にステーキハウスに到着。

ササッと席に通された後、テンダーロインとサーロインを頼みました。目の前で調理してくれるのは良いんですが、皿の上に乗せて出してくれる肉があっという間に冷めちゃってます。お肉はそこそこ美味しいのに、冷えてしまっては台無し。まずいとは言いませんが、あまり美味しく頂けませんでした。

ただ、ここで飲んだバナナジュースは最高に上手かったです。地元産のバナナだったのかな?お代わりして飲んじゃいましたよ。

おやすみなさい

部屋に戻って、ベランダから海を眺めながらまったり。遅くならないうちにベッドに潜りこみました。

沖縄の思い出

1ねん1くみ こばやし ひでと

ひこうき

今日は飛行機で沖縄に行ってきました。ANAの大きな飛行機でした。平日の朝だったので、半分ぐらいサラリーマンでした。

礼を尽くす車

3時間ほどで、無事に沖縄到着。事前に予約しておいたレンタカーを受け取ります。今回選んだのはサターンちゃんの3ドアクーペです。色指定は出来なかったんだけど、運良く真っ赤なタイプを借りられましたよ。かっちょいーです。

玉泉洞王国村

今回の唯一の観光です。ここには、日本で2番目に大きい鍾乳洞があるそうです。ナビちゃんに案内されつつ、途中の居酒屋で昼食を取ったりしながら、サクサクッと現地に到着。さっそく洞窟めぐりです。

中は薄暗くて、少しひんやりした感じ。入ってすぐに鍾乳洞が広がっているのですが、とにかく圧巻。すごいです。数千年、数億年と言う時間をかけて自然に出来た芸術作品を鑑賞してる気分。奥のほうに進むと、豊富に水が沸いているようで川のようになってます。数十種類の生き物が住んでいるそうで、魚と手長エビを何匹か見つけました。さすがに日本で2番目の大きさだけあって、のんびり見ながら歩いていると出口まで数十分掛かりました。

大自然や永い永い時間の流れを感じたい人にはお勧めですよ!

Saturnを運転してみる

すでに夕方になっていたので、洞窟からホテルへ向かいます。ここで、お嫁さんから僕に運転交代。キューブ君以外の車は、殆ど運転したことが無いのでちょっとドキドキ。ゆっくりとアクセルを踏み込みながら、沖縄の道路を走って見ました。

比較対象がキューブ君しかないので、曖昧な感想ですが、アクセルが軽くてブレーキが重いです。アクセルの上に軽く足を乗せただけで 40km ぐらい出ちゃいます。ブレーキはギュッと踏み込まないと止まらないけど、ちゃんと踏み込むとしっかり止まります。ハンドリングは軽め。軽く手を添えて少し傾けるだけで、スーッと曲がって行っちゃいます。座席が低めなので、視界が悪いかなと思ってたんですが、思ってたより周りが良く見えました。少し走らせて慣れてくると、だんだん運転が楽しくなってきました。キューブ君のときはドライブすること自体の楽しさは感じないんだけど、この車は面白いです。走らせたい様に走ってくれるのが気持ち良い。世の中の車好きの気持ちがちょっと分かった気がします。

特筆事項

沖縄では運転が荒い人が多いようです。ウィンカー無しで車線変更する奴が当たり前のようにいます。信号前の黄色線でも、平気で割り込んできます。信号が黄色から赤に変わっても、突っ込んでくる奴が数台います。赤から青に変わる前に、フライングスタートする奴も多いです。ライトやブレーキランプが片目の奴も多かった。バスやタクシーでも、割り込みや信号無視を見かけました。気付いていなかったのかもしれませんが、駐車場で他の車に当てたあと、何事も無く走り去っていく車も見ました。

ちょっと怖かったです。

ホテル到着

今回は新婚旅行と言うことで、リゾートホテルのちょっと良い部屋を借りて見ました。ブセナテラスの、クラブフロア デラックスエレガント です。

ホテルの玄関前につくと、ドアマンがさっと現れます。こちらの名前を告げただけで「お待ちいたしておりました。お荷物をお部屋にお運びいたしておきます。」と全部の荷物を部屋まで運んでくれました。車も駐車場に入れておいてくれるそうです。
まだ名前を告げただけなのに、うちらがクラブフロアの宿泊者だと言うことが分かっているようです。ここからすでに対応が違うのがヒシヒシと伝わってきます。

案内されるままに進むとクラブラウンジという専用のカウンターに通され、立派なソファーに座ってコーヒーを飲みながら施設の説明などを受けます。説明してくれるのも、かなり綺麗なお姉さんが片膝ついての説明です。何だか偉くなったような気分になります(笑)

一通り説明を受けた、実際に宿泊する部屋を見てまたビックリします。とにかく広いんです。部屋のドアを空けたあと4,5mある廊下を通り、メインルームに繋がります。メインルームは軽く20畳は超えてます。43m^2ってことなので、26.5畳ですね。ベットもダブルサイズが二つ置いてあります。ソファも大きなのが一つに小さいのが二つ。立派な天井扇までついてます。部屋付けの小物としてバスローブに、タオル地のパーカー、リラックスウェアも用意されてます。浴室もゆったり足を伸ばせる風呂と、それとは別にシャワールームがついてます。ドレッサーも豪華で、お嫁さんもかなり満足そうです。ベランダに出ると、椅子が二つとテーブルが置いてあり、眼前には海が広がっているようです。実際には外が真っ暗で良く分かりませんが、すぐ近くから波の音が聞こえてきます。

とにかく豪華って感じですよ。

でぃなー

せっかくだからと言うことで、ホテル内のレストランでイタリア料理。コース料理の一番安い奴を頂きました(汗)まぁまぁの味だったけど、二人で1万円超えちゃうのはどうかと思う。

お風呂

続いて大浴場へ。お風呂は普通な感じです。熱い風呂に水風呂、サウナがついてるだけで、特筆するほどの事は無し。

沖縄旅行の思いで 二日目

1年1組 こばやし ひでと

起床

9時ぐらいに起きて、ホテルで朝ご飯を食べました。普通のバイキングでした。

離島へは行けず

最初の予定では観光船に乗って、近くにある島へ行こうと思っていたのですが、風が強く波浪注意報がでて、船が出せないと言われました。

悲しかったです。

海岸線をドライブ

仕方ないので、南側の海岸線をぐるっとドライブすることにしました。こんなときには Navi がとても有りがたいです。

ローソンは自動ドアだ

なぜだか分かりませんが、沖縄で立ち寄ったローソンは三軒とも自動ドアでした。微妙に不思議。

お昼ご飯

しばらく走って、喫茶店のような所で一休みをしました。高台に立っていて、とても眺めが綺麗でした。またソーキそばを食べたよ。紅生姜を入れるととても美味しく感じられました。

寂れた砂浜

喫茶店から見える砂浜が、とても良い感じなので、Navi にも載っていない道を辿って何とか行ってみました。シャワーや更衣室もないような、寂れた砂浜だったけど、とてもいい雰囲気でした。もし泳げる時期に遊びに行ったら、ここで泳ごうと思いました。

オリオンビール

途中でスーパーによって、オリオンビールを買ってきました。僕は運転手じゃないので、助手席でゴクゴク飲んだよ。

可もなく不可もなく。

ビッツ君さようなら

帰る時間も近づいたので、満タンにして車を返しに行きました。とても燃費が良いし、使い勝手も悪くないので、良い車だと思いました。

那覇空港

4Fにあった沖縄料理店でミミガーとフーご飯を食べました。ジューシーご飯を食べられなかったのが、とても心残りでした。

ただいま

行きと同じB747で帰ってきました。ニアミスもなくて快適な空の旅だったよ。とてもつかれたけれど、とても楽しい沖縄旅行でした。

沖縄旅行の思いで

1年1組 こばやし ひでと

出発

安いツアーだったので、とても早い時間の出発でした。朝の5時に家を出て、6時半の飛行機で沖縄に向かいました。お腹が空いたので、空港でおそばを食べたよ。

飛行機

B747と言う、150人乗りの小さな飛行機でした。テレビとかついてなくて、ちょっと暇だった。

沖縄到着

お腹が空いたので、空港で朝ご飯を食べました。サンドイッチ。

レンタカー

タクシーで回ることも考えましたが、利便性を考えてレンタカーを借りました。運転手の要望でトヨタのビッツ君にしたよ。小さくて可愛いし、燃費も良さそうだね。

商店街

コクサイ通りという本島一の繁華街にある商店街を探索しました。見たこともないような果物やお菓子が色々あって面白かったよ。
名前は忘れたけど、マンジュウを食べました。

お昼ご飯

道路沿いにあった普通の定食屋に入って、ソーキそばを食べました。大盛りが 500円と、安いのに美味しかったです。

隣島

海中道路を使えば隣島に行けるらしいので、Naviをフル活用して隣の島に行ってみました。海が綺麗な青色で、とても綺麗でした。

その隣の島

さらに隣の島に行けるみたいなので、ずんずん突き進んでみました。どんどん奥地に向かって進んでいくと、道路が無くなりました。
仕方なく戻ってきたよ。

お墓

びっくりしたことは、お墓が小さなお家みたいになっていたことです。最初は何だか分からなかったけど、よく見ると「何々家の墓」みたいなことが書いてあったので、お墓だと分かりました。普通の道路の脇に普通に立っていたのが面白かったです。

別の隣島

最初に行った隣島から、別の島に行けるようなので、そっちにも行ってみました。ほとんど家が建っていなくて、サトウキビ畑だけが広がっていました。やっぱり行き止まりになったので、すごすごと戻ってきました。

寂れた海の家

なぜが崖っぷちに立てられている、寂れた海の家でブルーシールアイスクリームを食べました。普通。

ホテル到着

野球のキャンプとか言うやつで、「歓迎 ヤクルトスワローズ様ご一行」と言う札が掛かっていました。ノムさんに会いたかったけど、会えなくて残念だったよ。

ステーキ

晩ご飯は、コクサイ通りにあるマウイと言うステーキ屋さんで食べました。注文すると、シェフが目の前の鉄板で肉を焼いてくれました。なぜだか分からないけど、コショウ瓶やスパイス缶をクルクル回すパフォーマンスを見せてくれました。

お肉は美味しかったよ。

今日の人気記事