携帯の記事一覧

au 着うた自作メモ

auのK002とNS01用に自作の着うたを作成したので、その方法をメモっておきます。古い機種やKCP+で動くかどうかは知りません。

必要なソフト

手順1、着うたの元を作る

元となるWAVEファイルをSoundEngine Freeに放り込む。携帯のスピーカーがステレオだったらそのままで良いけど、モノラルスピーカーだったらチャンネルをまとめておく。

音楽を再生しつつ再生開始のアタリを付ける。先頭から再生開始直前までを切り取って消す。開始予定ポイントを左クリックして、リピートインジケーターの先頭を0にすれば簡単に消す範囲を選択できると思う。選択エリアを右クリックして「削除」を選べば頭出し完了。

何度か頭出しを繰り返しつつギリギリまで削る。必要なら先頭の0.5秒~1秒程度フェードイン処理を掛ける。

先頭が決まったら終了箇所のアタリを付ける。先頭から10秒から30秒ぐらいが目安かな?アタリが付いたら、そこから最後までを切り取る。終了予定箇所をクリックして、リピートインジケーターの最後を曲の長さ以上(10分とか)にすると簡単に範囲選択が可能です。必要なら最後にフェードアウト処理を掛ける。

名前を付けて保存して、元となるWAVEファイルの完成。

手順2、mmf形式に変換

SSC-MA3-SMAFをインストール後、えせ着を起動。4bitADPCM / サンプリング周波数 24KHzで変換を行う。

この手順は携帯動画変換君で携帯用に変換しても良いみたい?

手順3、ファイル転送

偽装着うたエディタを起動して、作成したmmfファイルを放り込む。転送ボタンを押してマイクロSDに転送。

携帯にマイクロSDを差し、呼び出し音などに登録すれば作業完了です。

au K002に機種変更した

ケータイ捜査官7 DXフォンブレイバー7

お嫁さんケータイをau K002に機種変更したよ。

近所のauショップにて価格を調査したところ、シンプルコースが3万4千円、フルサポートコースが2万4千円でした。悩んだ末にシンプルコースの頭金無し24回分割払いで購入。お金を払わずに新しい携帯がもらえるって、何だか不思議な気分だな。

シンプルとフルサポで、どちらのコースを選ぶのかも難しかったんだけど、価格差が2万円以内ならシンプルの方がお得だろうという結論になった。

支払い方法は一括と分割で総額が変わらないので、迷うことなく分割を選択。auから無利子で3万4千円貸してもらえるってことだもんな。これはおいしすぎる。

さっそくカメラで愛猫を撮ったり、ドワンゴ.jpで着うたをダウンロードしたりと新携帯の使いこなしに余念がないお嫁さん。写真をパソコンに取り込みたいみたいそうなので、マイクロSDも買ってあげないとな~。

MicroSDカードリーダを買ってきた

バッファローコクヨサプライ BUFFALO 単品カードリーダー MicroSDメディア対応 ホワイト MCRMSDU2WH2A

ヨドバシで980円だった。eLIOでポイントが溜まりまくってるので、余裕のポイント払いですよ。

外出先で携帯の画像を取り出したいとき、手段がなくて困ってたんだよね。こいつは2cm×4cmと小型だし、重さも5gしかないから気軽に持ち歩けるのが良い感じ。シザーバッグに放り込んでおいて、サッと取り出せるようにしておきました。

ケータイのイヤフォン端子変換アダプタを購入

choose ステレオ変換 ケータイ ミュージックアダプター (ホワイト) MA01-WH

携帯の角型イヤフォン端子を、一般的な丸型イヤフォン端子に変換してくれるアダプタ。某氏の携帯ストラップとして何気なくぶら下がっているのを発見し、こんな便利なものが存在しているなんて!とビックリした一品です。ヨドバシで600円ぐらいで売ってたよ。

内蔵メモリに入れてた曲を聞けたので、まずは第一ステップ通過かな。今後はmicroSD経由で簡単に曲を差し替えられる環境を構築していきたい。これが出来るなら、iPodはしばらく要らないな~。

パケット料金確認はauなら1キーを連打

月末なのでパケット料金確認。auは携帯のメニュー開いてから1キー連打すると「通話料・通信料照会」に繋がる、これ豆知識な。メニュー開いて0キーでプロフィール表示ってのも共通だと思うので、覚えておくと楽チンだぞ。

それはさておき、昨日までのパケット料金は6902パケットで1380円。プランSSの無料通話分1000円を超えたけど、繰越無料通話が3000円ほどあるので追加料金はなし。必殺の「パケット割、当月適用」を発動させる必要は無さそうです。しばらくはこのペースで繰越無料通話を消費していこうかな。

繰越無料通話を消費したら、プランSSからプランSに変更する予定。「誰でも割」適用後の基本使用料が1,800円から2,350円に上がるけど、無料通話分も1,000円から2,000円に上がります。これで10000パケットまで無料通話でまかなえるので、無料通話が少し余るはず。数ヶ月そのペースで頑張って無料通話を貯えたあと、再びプランSに戻して貯えた無料通話の消費月間に入るのです。我ながら完璧な作戦だな。

ガク割は期間中でも「誰でも割」に変更可能

誰でも割の説明をよく読んだら「ガク割、スマイルハート割引の契約期間中においても、誰でも割へ変更される場合には、各割引の契約解除料はかかりません。」って小さく書いてあった。

ΩΩΩ

思わずMMRのAA出しちゃうぐらいビックリした。てっきり解除料が発生すると思ってて、お嫁さんの契約変更してなかったんだよね。忘れずに契約変更しておかないとだわさ。

料金プランに疎いお前らのために解説しておくと「ガク割、スマイルハート割引」と「誰でも割」の割引率は一緒。違うのは契約期間、解除料金、繰越プランの有無。表にするとこんな感じだ。

ガク割、スマイルハート割引 誰でも割
契約期間 1年 2年
契約解除料 3,150円(税込) 9,975円(税込)
繰越プラン なし 無期限くりこし

あと「ガク割、スマイルハート割引」は「無料通話分が半額、au通話料も半額」というパッと見だと不思議なルールがあるのね。どっちも半分になってるのでau間の通話だと通話時間は変わらない。だけどよく考えると他社との通話時間が目減りしてるのよね。

結論として「2年間解約せずに使うなら誰でも割りのほうがお得度が高い」って事です。無料通話分の無期限繰越は、いざって時にバカになりませんよ?

W52P 不満たらたら

デザインに惹かれて購入したW52Pですが、携帯としての機能性は最悪です。使っていて気がついた不満点を書き連ねてみます。

サブディスプレイを付けっぱなしに出来ない

サブディスプレイは、最長でも20秒で完全に消灯する。メールが届いたり、不在着信があったりしても、一定時間でサブディスプレイの表示が消える。この仕様は激しく不便だし、そもそもサブディスプレイの用を成していないと思う。新着を知らせるLEDが別に用意されているので「LEDで新着をチェック後、サイドキーを押してサブディスプレイで内容確認、必要があれば携帯を開く」が想定された使い方なんだろうけど、それならそもそも携帯開いちゃうよ。

カメラ位置が悪い

カメラが電池の上にあり、普通に持つとレンズに指が掛かってしまう。それと「目で見る世界」と「カメラで撮る画面」で上下の差が生まれるので、直感的に構図を取れない。

マクロスイッチが不便

カメラのマクロ切り替えは物理的なスイッチなんだけど、そのスイッチの状態はメインディスプレイから分からない。レンズ横にスイッチがあるので、携帯を裏返してスイッチの状態を目視確認する必要がある。頻繁にスイッチを切り替える人なら、とても不便に感じると思う。スイッチの配線一本省略したかったんだろうけど、この仕様はひどすぎるよ。

バイブが貧弱

バイブレーションが弱い。机の上に置いてあるのに、震えたことに気がつかない。デザイン優先で大きめの磁石おけなかったんだろうけど、この弱さはひどすぎるよ。

ストラップ穴位置が変

ストラップ穴が右横にあるので、ロングストラップを付けていると手に持った時にストラップが邪魔になる。デザインを優先させたら穴を開ける場所が無くなって、仕方なくここに付けたって感じがする。

サブディスプレイの視認性が低い

サブディスプレイは、明るい屋外での視認性が悪い。有機ELを使っているから屋外だと全く見えない。普通に反射液晶で良いのにね。

ページスクロールしにくい

ページスクロールの割り当てがサイドキーのみ。そのサイドキーはかなり押しにくい。前機種は’#’と’*’にページスクロールが割り当ててあり、便利に使っていた。これはソフトで何とか出来るだろうから、工夫が足りないだけだな。

結論

デザインを優先させ、機能を置き去りにする松下を賞賛したい!正直携帯ほとんど使ってないし、カッコ良ければそれで良いよ^^

モバイルAMCを使えるようにした

携帯で使えるようにした。事前にANAマイレージクラブに入る必要があったので、Edy付きカードを申し込んでみたよ。これでおいらもマイラーの仲間入りか。

EZ FeliCaで使いそうなのは一通りいれたかな?思ったよりアプリが少ない印象。このあとはLISMOの設定を進めようかな。

Edyを携帯に登録した

携帯に登録した。初Edyなので分からないことだらけ。なんかポイントつくんだっけ?クレカ引き落としにすればポイント倍付け!みたいなテクがあったような。利便性を考えてもクレカと紐付けておいた方が良いかな?

1 2 3 4 5 7

今日の人気記事