サイトアイコン Hinemosu

新型コロナワクチン接種、2回目は微熱が続くなど副反応あり

アイスノンソフトはマジ神

新型コロナワクチンの2回目の接種が終わりました。

1回目の接種では、接種翌日は接種した側の腕が上がらず、半日ほど難儀しました。

2回目の接種では、接種後24時間経ってから37℃前後の発熱。倦怠感や頭痛、吐き気を伴い、半日ほど寝込むこととなりました。食欲も湧かないのでinゼリーを取り、おでこに熱さまシート 、マクラはアイスノンソフトで静養しました。

翌日(36時間後~)になって体調が回復しましたが、熱を測ると37℃前後の発熱が続いていました。あまり自覚症状はなく元気に活動できるのですが、熱を測るとやっぱり37℃。結局その日はずっと発熱が続いたので自宅で静養しました。

接種2日後(60時間)の朝になり解熱。体調にも問題ないため通常のサイクルに戻りました。

人によって副反応の差違が大きいようで一般化するのは難しいのでしょうが、自分の場合はアイスノンソフト、熱さまシート、inゼリー、それと体温計が役立ちました。

特に今回重宝したのはアイスノンソフト。名前は知っていながら使ったことがなかったのですが、「冷たさ長持ち10時間」のキャッチコピーに偽りなく、寝込んだ半日の間ずっと頭を冷やしてくれて助かりました。

発熱時だけではなく、暑くて寝苦しい場合の補助用具としても使えますし、冷凍庫に余裕があれば1個買って入れておいても良いかも知れません。

Amazonでは品切れ気味で値段が高騰している場合があるようなので、近所のドラッグストアなど探してみても良いかも知れません。

モバイルバージョンを終了