サイトアイコン Hinemosu

安価な二酸化炭素濃度計を買った

Amazonで安価な二酸化炭素濃度計を買った。

購入したのはサインキングダムのNDIR方式 二酸化炭素計測器。購入時の価格は3680円。高さは8cm、 厚さ5cm。

microUSBの充電式で、画面点灯状態だと1日~2日程度の電池持ち。常時画面表示をオフにして、ボタン押下時のみ表示する事もできるようだが、面倒なので都度充電して使っている。

購入後に1度だけ空気のキレイな場所での補正が必要だが、ボタンを押して待つだけだし、一度やれば良いだけなので面倒ではない。

比較対象がないので精度は不明だけど、息を吹きかけると二酸化炭素濃度がググッと上がるので、濃度の高い低いぐらいは分かる。

いちおう説明書によると500前後が正常値で、1000を超えると換気が必要で、1500を超えるとすぐの換気が推奨されるらしい。

実際に閉め切った室内で2~3時間ほどテレビを見ていたら、1000ちかくまで値が上がっていたことがあった。そう言えば夫婦2人ともアクビが出ていたし、確かに空気が悪いかもと思い窓を開けた。

ためしにキッチンで使ったら見る見ると二酸化炭素濃度が上がっていった。換気扇を回すと改善したので、やっぱり換気扇は必要なんだなと妙に納得したりもした。

どの程度有効に使えるか環境によるので強くオススメしにくいが、換気の重要性が叫ばれる昨今において遊び気分で一台買っておくのも悪くは無いと思う。

モバイルバージョンを終了