Hinemosu

アヒージョにすれば大体何でもおいしく食べられる

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノを作れるようになり、アーリオがニンニク、オーリオがオリーブオイルと言うことを理解したら、アヒージョが作れるようになった。

アヒージョはニンニク風味のオリーブオイルで食材を煮込む料理。そう、ペペロンチーノとは、パスタ麺にアヒージョを染みこませた物だったのだ。

アーリオ・オーリオを作り、家にある様々な食材を突っ込んで試食を繰り返した結果、アーリオ・オーリオに適切なダシ素材と適当な食材を入れて煮込み、仕上げに塩胡椒で味付けすると、アヒージョとして大体何でもおいしく食べられる事が分かった。

そんなワケで、アヒージョの構造を理解して作る簡単レシピをご紹介します。

材料

作り方

ニンニクを薄切り、もしくはみじん切りにして180度ぐらいのオリーブオイルで揚げる。ニンニクから泡が出て、泡が出なくなるぐらいで輪切り唐辛子投入。

熱が通りにくそうな食材から順に突っ込む。ザックリ言うとキノコや野菜は早めにぶち込み、海鮮は最後の方にします。

なんか良い感じになってきたなーと思ったら、塩胡椒をかけます。我が家はマジックソルトをパッパッパッぐらいかけてます。

最後にもう一煮込みしたら完成。乾燥パセリをふるとそれっぽさがアップします。

バケットかパスタのご用意を

アヒージョとして煮込んだ食材を食べるのもモチロンだけど、旨みが溶け込んだオリーブオイルは大変においしい物です。

適当なサイズに切ったバケットに染みこませて食べたり、パスタオイルとして使ってペペロンチーノにして頂きましょう!

Exit mobile version