Hinemosu

目が回りそう…フラクタルでフィボナッチな不思議野菜「ロマネスコ」

全国のフラクタル大好きっ子の皆さん、こんばんは。

本日はフラクタル好き垂涎の不思議野菜「ロマネスコ」を入手いたしましたので、その魅力を大きめ写真で紹介しようと思います。

ロマネスコは「つぼみ」が幾何学的な配置になっていて、らせん状が繰り返し繰り返し現れる、いわゆるヒトツの「フラクタル野菜」です。

しかも「つぼみ」や円錐の数はフィボナッチ数になっているそうです。

と言うわけで、近くに寄って見たロマネスコ。うーんフラクタル。

斜め上から見ても、やっぱりフラクタル。

限界まで近付いても、相変わらずフラクタル。

ライトアップして陰影を付けても、いつものようにフラクタル。

そのままググッと寄ると、気持ち悪いぐらいにフラクタル。

上から見下ろしても、いつもと変わらぬフラクタル。

引っ繰り返してみても、そこにあるのはフラクタル。

なんだか…

だんだん…

目が回ってきた~!

と言うわけで、フラクタル野菜「ロマネスコ」の見た目をご堪能頂けましたでしょうか?

近々実際に食べてみようと思いますので、ロマネスコの味もお伝えできたらな~と思っています。

そんな感じで!

Exit mobile version