真実はなにか? What is Reality?

私は私の知覚を防御する必要性を全く感じませんが、私のNordost社Valhalla電源ケーブルの現在のレビューに、現実における主観的な迷いとプラシーボ効果について、罪名を基づかせるのは重要です。
While I feel no need to defend my perceptions, it is important to ground accusations of subjective delusion and placebo effect in the reality of my actual review of the Nordost Valhalla power cords.

私のレビューを見直すと、最初にValhalla電源ケーブルに不信を述べていることが分かるでしょう「…それらの透明な外側のシールドで、および赤、黒、および銀で内部 [実測]1.2cmの厚さ」で私が使用していた厚くて扱いにくいアフターマーケット電源コードを負かしました。また、私はNordost社Valhalla電源ケーブルの最初の印象に失望を述べました。引用:
If you refer back to that review, you will discover that I initially expressed disbelief that the thin Valhalla power cords, “ . . .with their transparent outer shielding and red, black, and silver innards [measuring] 7/16” thick,” could trump the thick and unwieldy aftermarket power cords I was then using. I also expressed disappointment with the initial sound of the Nordost Valhalla power cords. To quote:

『1ヶ月にわたって使ったところ、私がValhallaを通して聞いた音はフラットから進歩をしました。鈍く乾いた音が、明るく輝くモノクロームが現在のレベルです。ひとつ見逃せない残念な点は、先端が極端に同じくらい透明で同じくらい敏感で、貴重な小さいボディーとバスがありました。あなたが以下で読むように、これらの電源コードがいったん使いならされると、それはそうではありません。 私がケーブリングの私の初体験に基づく結論に達したなら、あなたは非常に異なったレビューを読んでいるでしょう。』
“Over the course of a month of use, the sound I have heard through the Valhallas progressed from flat, dull and dry to shiny bright albeit monochromatic to its current level. I remember at one point lamenting that while the top was as transparent and vibrant as all get-out, there was precious little body and bass. As you will read below, that is NOT the case once these power cords are broken in. Had I drawn conclusions based on my initial experiences with the cabling, you would be reading a very different review.”

要するに、私は初めは、Nordost社Valhalla電源ケーブルの外観か音のどちらかによって首尾よく味方に引き入れられませんでした。 これは本当です。
In short, I was not initially won over by either the appearance or the sound of Nordost Valhalla power cords. The opposite is true.

言うまでもなく、シークレットフォーラムの多くのポストがケーブルと半導体のブレークイン(エージング)の必要性に噛みつき、この手順をニセ科学に関する別の例と呼びます。そのような見解からは、Nordost社Valhalla電源ケーブルの音が長期間のブレークイン(エージング)の後に変わったいう主張は、迷いのさらなる証拠としてしりぞけられるでしょう。
It goes without saying that many posts on the Secrets forum have challenged the necessity of cable and solid-state gear break-in, calling the procedure another example of voodoo science. From such a perspective, claims that the sound of the Nordost Valhallas transformed after extensive break-in would be dismissed as further proof of delusion.

客観主義者保持者が科学的に現象を説明できないか、立証できないとしても、、絶対ありえないという訳ではありません。木が森の中で倒れたとき、周りに誰もいなかったら、それは音を出しますか?神が数学の方程式へ砕けるはずがないなら、それは神が絶対にいないことを意味しますか?だれもQuantum Physicsに関して何も聞いていないのに、どれがQuantum Physicsは絶対客観的実在の存在しますか?そして、私たちは本当に自分達をそれほど確信していますか?私たちは絶対で確実性を宣言でき、私たちの「証明」は本当ですか?私たちがまだ完全に進化論を理解しているというわけではないなら、宇宙と人間の人生では、私たちはどのようにそれを知るのでしょう。まして、人体はどう機能しますか?
Because a phenomenon cannot either be explained or proven with the science that objectivists hold up as absolute does not mean that it does not exist. If a tree falls in the forest, and no one is present, does it make a sound? If God cannot be broken down into a mathematical equation, does that mean there is no God? Has no one heard anything about Quantum Physics, which questions the existence of an absolute objective reality? And are we really so sure of ourselves that we can proclaim with absolute certainty that only what we can “prove” is real, when we still don’t fully understand the evolution of the universe and human life as we know it, let alone how the human body functions?

無数のリスナーと評論家が指摘するように、測定用の機材が素晴らしく良く聞こえるというわけではありません。逆に、測定用でない設備はしばしばライブな音に慣れているリスナーを魅了します。同じ性能の2つの道具が大きく異なって聞こえることもあります。これは科学的測定値では十分に現実を記述できないことを意味するのでしょうか? または、まだ人間には完全に分かっておらず、調査していなくて、理解しているというわけではない神秘の音、知覚、およびレベルがあるということなのでしょうか?そして神秘が終わった場合にだけ、私たちは理解して説明し始め、私たちは本当であるとしてそれらを楽しむことができ、または、私たちは21世紀の始めで公共の、そして、政治上の討論を無力にしたように思える白黒の絶対的なものを支持して絶えずそれらを棄却しなければなりませんか?
As countless listeners and reviewers have noted, equipment that measures wonderfully does not always sound good. Conversely, equipment that does not measure well often captivates listeners accustomed to the sound of live acoustic performance. Two pieces of gear with equal measurements can sound markedly different. Does this mean that the people who hear those differences don’t know what they’re hearing or talking about? Does it mean that scientific measurements are at best an inadequate description of reality? Or does it suggest that there are mysteries to sound, perception, and levels of reality that human beings have yet to fully uncover, explore and understand? And if in the end there are mysteries we have only begun to comprehend and explain, are we capable of entertaining them as real, or must we continually dismiss them in favor of the black and white absolutes that seem to have paralyzed public and political debate at the start of the 21st century?

今日の人気記事